中村獅童&初音ミクが2年ぶりの南座に!「超歌舞伎」異なる配役のリミテッドVer.も

98

「九月南座超歌舞伎」が、9月3日から26日まで京都・南座で上演される。

「九月南座超歌舞伎」速報チラシ

「九月南座超歌舞伎」速報チラシ

大きなサイズで見る

超歌舞伎が南座で上演されるのは、約2年ぶりのこと。演目には「都染戯場彩」と、「ニコニコネット超会議2021 Supported by NTT」で初演される「御伽草紙戀姿絵」がラインナップされた。「都染戯場彩」では、獅子の精を中村獅童と初音ミクが勤めるほか、鳶頭役の澤村國矢、公達役の中村蝶紫が出演。「御伽草紙戀姿絵」の出演者には、源朝臣頼光 / 袴垂保輔役の獅童、傾城七綾太夫実は将門息女七綾姫役の初音、平井保昌役の國矢、山姥茨木婆役の蝶紫が名を連ねている。

なお9月5日、7日、10日、14日、17日、24日の午後の部では、「御伽草紙戀姿絵」の配役が異なる“リミテッドバージョン”が上演される。このバージョンでは、源朝臣頼光 / 袴垂保輔役を國矢、傾城七綾太夫実は将門息女七綾姫役を初音、平井保昌を中村獅一、山姥茨木婆を蝶紫が演じ、獅童が口上を務める。なお本公演ではオンライン配信も予定。

「御伽草紙戀姿絵」の初演は4月24・25日に千葉・幕張メッセ イベントホールにて。なお初演のニコニコ生放送での視聴は無料となっている。

「九月南座超歌舞伎」

2021年9月3日(金)~26日(日)
京都府 南座

本公演

映像 超歌舞伎の魅力

一、「都染戯場彩」花の大内 月の吉原 雪の石橋

作:松岡亮

出演
獅子の精:中村獅童
同:初音ミク
鳶頭:澤村國矢
公達:中村蝶紫

二、「御伽草紙戀姿絵」

脚本:松岡亮
演出・振付:藤間勘十郎

出演
源朝臣頼光 / 袴垂保輔:中村獅童
傾城七綾太夫実は将門息女七綾姫:初音ミク
平井保昌:澤村國矢
山姥茨木婆:中村蝶紫

リミテッドバージョン

映像 超歌舞伎の魅力

一、「御伽草紙戀姿絵」

脚本:松岡亮
演出・振付:藤間勘十郎

出演
源朝臣頼光 / 袴垂保輔:澤村國矢
傾城七綾太夫実は将門息女七綾姫:初音ミク
平井保昌:中村獅一
山姥茨木婆:中村蝶紫

口上:中村獅童

全文を表示

関連記事

中村獅童のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 中村獅童 / 澤村國矢 / 藤間勘十郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします