リチャード三世が俳優に“憑依”し人生語る、音楽劇「鮭スペアレ版・リチャード三世」

67

鮭スペアレ「鮭スペアレ版・リチャード三世」が、4月17・18日に東京・銕仙会能楽研修所で上演される。

鮭スペアレ「鮭スペアレ版・リチャード三世」チラシ表

鮭スペアレ「鮭スペアレ版・リチャード三世」チラシ表

大きなサイズで見る(全3件)

これは、ウィリアム・シェイクスピアの「リチャード三世」を、宮川麻理子の構成、中込遊里の演出により音楽劇として立ち上げるもの。劇中ではリチャード三世が、“負の感情”として俳優たちに憑依し、俳優の身体と声を通してその人生を語っていく。出演者には、宮川、清水いつ鹿、上埜すみれ、水上亜弓といった鮭スペアレメンバーに加え、宮崎悠理、箕浦妃紗、若尾颯太が名を連ねた。また、中込とバイオリン奏者の中條日菜子、尺八奏者の酒井酣山が録音で出演・演奏する。

4月17日公演と18日15:00開演回は、オンライン生配信され、配信アーカイブは4月25日まで視聴が可能。なお、今年2月に行われた試演会のアーカイブ映像が、鮭スペアレの公式YouTubeチャンネルで公開されている。

この記事の画像・動画(全3件)

鮭スペアレ「鮭スペアレ版・リチャード三世」

2021年4月17日(土)・18日(日)
東京都 銕仙会能楽研修所

原作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:坪内逍遥
構成:宮川麻理子
演出:中込遊里
出演:清水いつ鹿、上埜すみれ、水上亜弓、宮川麻理子 / 宮崎悠理、箕浦妃紗、若尾颯太
録音出演:中込遊里、中條日菜子(バイオリン)、酒井酣山(尺八)

※宮崎悠理の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

全文を表示

鮭スペアレのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 鮭スペアレ / ウィリアム・シェイクスピア / 中込遊里 / 上埜すみれ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします