竹下景子・栗田桃子ら出演、震災からの再生描く「岬のマヨイガ」舞台版いよいよ東京へ

164

宮古市民文化会館プロデュース公演「岬のマヨイガ」の東京公演が明日3月17日に、東京・東京芸術劇場 シアターウエストで開幕する。

「岬のマヨイガ」より。

「岬のマヨイガ」より。

大きなサイズで見る(全7件)

「岬のマヨイガ」より。

「岬のマヨイガ」より。[拡大]

「岬のマヨイガ」は、2016年野間児童文芸賞を受賞した作家・柏葉幸子の児童文学作品を舞台化したもの。物語の舞台となった岩手県沿岸に俳優・スタッフが滞在し、制作した。今年2月、岩手・宮古市民文化会館を皮切りに県内を巡演した同作が、いよいよ東京へとやってくる。

「岬のマヨイガ」より。

「岬のマヨイガ」より。[拡大]

serial numberの詩森ろばが脚本・演出を手がけ、チェコを拠点に活動する沢則行が人形デザイン・操演指導、鈴木光介が音楽・演奏を担う舞台版では、両親を事故で亡くし、話せなくなったひよりと、夫の暴力に耐えかねて東京から逃げてきたゆい、不思議なおばあちゃんの3人が岬にある古い家でで家族のように寄り添い、生きる姿が描かれる。出演者には竹下景子栗田桃子井上向日葵のほか、坂元貞美、嶋村太一、森下亮藤尾勘太郎、大谷優衣、岡野桃子、輝蕗、塚田次実、山内庸平が名を連ねた。東京公演は3月21日まで。

この記事の画像(全7件)

宮古市民文化会館プロデュース公演「岬のマヨイガ」

2021年2月6日(土)※公演終了 
岩手県 宮古市民文化会館 大ホール 

2021年2月9日(火)※公演終了 
岩手県 盛岡劇場 メインホール

2021年2月11日(木・祝)※公演終了 
岩手県 二戸市民文化会館 大ホール 

2021年2月13日(土)※公演終了
岩手県 久慈市民文化会館 大ホール

2021年3月17日(水)~21日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

原作:柏葉幸子(講談社刊「岬のマヨイガ」)
脚本・演出:詩森ろば
人形デザイン・操演指導:沢則行
音楽・演奏:鈴木光介
出演:竹下景子栗田桃子井上向日葵 / 坂元貞美、嶋村太一、森下亮藤尾勘太郎、大谷優衣、岡野桃子、輝蕗、塚田次実、山内庸平

全文を表示

関連記事

竹下景子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 竹下景子 / 栗田桃子 / 井上向日葵 / 坂元貞美 / 森下亮 / 藤尾勘太郎 / 詩森ろば / 鈴木光介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします