「岬のマヨイガ」が詩森ろばが脚本・演出で舞台化、出演に竹下景子・栗田桃子

41

「岬のマヨイガ」が来年2月から3月にかけて岩手・東京にて上演される。

「岬のマヨイガ」オーディション告知チラシ表

「岬のマヨイガ」オーディション告知チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

岬のマヨイガ (文学の扉)

「岬のマヨイガ (文学の扉)」
Amazon.co.jp

本公演は、震災からの再生を描き、2016 年野間児童文芸賞を受賞した柏葉幸子の児童文学「岬のマヨイガ」の舞台版。serial numberの詩森ろばが脚本・演出を手がけ、人形デザイン・操演指導にはチェコに拠点を置く人形劇師・沢則行、メインキャストに竹下景子、文学座の栗田桃子が名を連ねた。なお現在出演者を募集。応募受付は3月31日まで。応募の詳細は公式サイトにて確認を。

公演は2月6日に岩手・宮古市民文化会館 大ホール、9日に同・盛岡劇場 メインホール、11日に同・二戸市民文化会館 大ホール、13日に同・久慈市民文化会館 大ホール、3月17日から21日に東京・東京芸術劇場 シアターウエストにて上演される。

この記事の画像(全2件)

「岬のマヨイガ」

2021年2月6日(土) 
岩手県 宮古市民文化会館 大ホール 

2021年2月9日(火) 
岩手県 盛岡劇場 メインホール

2021年2月11日(木・祝) 
岩手県 二戸市民文化会館 大ホール 

2021年2月13日(土)
岩手県 久慈市民文化会館 大ホール

2021年3月17日(水)~21日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

原作:柏葉幸子(講談社「岬のマヨイガ」)
脚本・演出:詩森ろば
人形デザイン・操演指導:沢則行
出演:竹下景子栗田桃子 ほか

関連商品

リンク