“適正な”関係とは何か問い直すパフォーマンス、y/n「セックス / ワーク / アート」

29

y/n「セックス / ワーク / アート」が、2月5日から7日まで東京・トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースCで上演される。

y/n「セックス / ワーク / アート」メインビジュアル(Photo by Takuya Yamahata)

y/n「セックス / ワーク / アート」メインビジュアル(Photo by Takuya Yamahata)

大きなサイズで見る(全3件)

y/n「カミングアウトレッスン」より。

y/n「カミングアウトレッスン」より。[拡大]

y/n「カミングアウトレッスン」より。

y/n「カミングアウトレッスン」より。[拡大]

これは、ブルーノプロデュース主宰の橋本清と、批評家・ドラマトゥルクの山崎健太によるユニット・y/nによる“レクチャーパフォーマンス”。本作でy/nは、俳優とセックスワーカーの“労働”としての側面に着目する。歴史的にも重なり合う部分がある2つの職業の共通点と差異を見つめ、“適正な”関係とは何かを問い直す。

定員は20名。上演時間は約50分で、毎公演後にトークが実施される。

この記事の画像(全3件)

y/n「セックス / ワーク / アート」

2021年2月5日(金)~7日(日)
東京都 トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースC

構成・演出:y/n(橋本清、山崎健太)
出演:橋本清

※山崎健太の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

全文を表示

関連記事

橋本清のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 橋本清 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします