こまつ座「日本人のへそ」に井上芳雄、小池栄子、朝海ひかる、山西惇ら

187

こまつ座「日本人のへそ」が、来年3・4月に東京、大阪、神奈川、愛知で上演される。

こまつ座 第135回公演「日本人のへそ」ビジュアル

こまつ座 第135回公演「日本人のへそ」ビジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

井上ひさし作「日本人のへそ」は1969年に初演され、1977年には映画版も製作された作品。劇中では、「吃音症の治療にはミュージカルが一番」と提唱するうさんくさい大学教授が仕立てたという設定で、ストリッパー・ヘレン天津の一代記が展開する。今回は栗山民也が演出を務め、出演者には会社員役の井上芳雄、ヘレン天津役の小池栄子、アナウンサー役の朝海ひかる、教授役の山西惇のほか、久保酎吉土屋佑壱、前田一世、藤谷理子、木戸大聖、安福毅、岩男海史、山崎薫、大内唯が名を連ねた。

これまでにも井上ひさし作品に複数出演してきた井上芳雄は「以前『日本人のへそ』を観劇した時には、作品が持つ途方もないエネルギーに驚くと共に、『組曲虐殺』へと繋がる思いも確かに感じました。そのエネルギーと思いを自分の身を持って確かめられる幸せと、今回のカンパニーの皆さんと一緒に今のお客様にお届けできる喜びを、舞台上で爆発させたいと思います」と意気込みを述べる。小池も「栗山さんの鋭い演出のもと、井上ひさし作品ならではの言葉遊びを存分に楽しみ、言葉の力、伝える力をお客様と共にじっくり味わえたら幸せですね。肉体も脳ミソもグチャグチャにして、まさに体当たりで演じたいと思います」と意欲を語った。

公演は来年3月6日から28日まで東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA、4月1日から4日まで大阪・新歌舞伎座、6・7日に神奈川・横浜関内ホール 大ホール、17・18日に愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホールにて。なお井上芳雄、小池からのコメント全文と、朝海、山西からのメッセージは下記の通りだ。

井上芳雄コメント

井上芳雄

井上芳雄[拡大]

「井上さんの最初の作品と、最後の作品をやれるのは面白いんじゃない?」

演出の栗山さんからもらった言葉が忘れられません。

僕は井上先生の遺作である「組曲虐殺」に出演させて頂き、人生が変わったと思っています。

それ以来、先生の作品を次の世代に伝えるための綱を担ぐ一人でありたいと、願い続けてきました。

そして、処女作にはその作家の全てが詰め込まれていると聞いたことがあります。

以前「日本人のへそ」を観劇した時には、作品が持つ途方もないエネルギーに驚くと共に、「組曲虐殺」へと繋がる思いも確かに感じました。

そのエネルギーと思いを自分の身を持って確かめられる幸せと、今回のカンパニーの皆さんと一緒に今のお客様にお届けできる喜びを、舞台上で爆発させたいと思います。

小池栄子コメント

小池栄子

小池栄子[拡大]

この度、ヘレン天津を演じさせて頂きます。

岩手から上京した女学生がストリッパーになり、そこからヤクザの女になったりと成り上がっていきます。自分にとって未知なる領域のお芝居になる予感がしています。ドキドキ、ワクワクです。

栗山さんの鋭い演出のもと、井上ひさし作品ならではの言葉遊びを存分に楽しみ、言葉の力、伝える力をお客様と共にじっくり味わえたら幸せですね。

肉体も脳ミソもグチャグチャにして、まさに体当たりで演じたいと思います。

朝海ひかるコメント

朝海ひかる

朝海ひかる[拡大]

井上ひさしさんの原点ともいわれている作品「日本人のへそ」に出演できると聞きとても嬉しかったのと同時に、何でもありのこの作品に自分がちゃんと順応できるのか……。

挑戦しつつ、苦悩しつつ、そしてやっぱり最後は楽しんで演じられたら幸せだなぁと思っております。

また新たな「日本人のへそ」をお楽しみ頂ける様、スタッフの皆様、キャストの皆様と共に挑んで参ります。

山西惇コメント

山西惇

山西惇[拡大]

私が初めて栗山民也さんとお仕事させていただいたのは2011年の新国立劇場「雨」でした。それ以来、何度も井上ひさしさんの作品でご一緒させていただきましたが、栗山さんはよく「井上さんの戯曲の中で最も好きなのは、やっぱり『日本人のへそ』なんだよ。」と話されており、私もいつか機会があればと願っていたものが遂に実現する事となりました。奇しくも2011年以来の再演です。

日本人が、いや世界中の人たちが元気を取り戻そうとしているこの時期に、この作品を上演出来る事に運命と必然を感じます。猥雑さと毒とパワーと人間への愛とそして笑いと。その後の井上戯曲の魅力の全てが詰まっているこの作品に、最高のスタッフ、キャストの皆さんと共に、全身全霊を掛けて挑みたいと思います。

この記事の画像(全5件)

こまつ座 第135回公演「日本人のへそ」

2021年3月6日(土)~28日(日)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

2021年4月1日(木)~4日(日)
大阪府 新歌舞伎座

2021年4月6日(火)・7日(水)
神奈川県 横浜関内ホール 大ホール

2021年4月17日(土)・18日(火)
愛知県 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

作:井上ひさし
演出:栗山民也
出演:井上芳雄小池栄子 / 朝海ひかる / 久保酎吉土屋佑壱
/ 前田一世、藤谷理子、木戸大聖 / 安福毅、岩男海史、山崎薫、大内唯 / 山西惇
ピアノ:朴勝哲

全文を表示

関連記事

こまつ座のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 こまつ座 / 井上芳雄 / 小池栄子 / 朝海ひかる / 山西惇 / 井上ひさし / 久保酎吉 / 土屋佑壱 / 藤谷理子 / 栗山民也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします