吉田都、水野美紀が「Women of Excellence Awards」受賞

48

第6回Women of Excellence Awardsのビジネス部門に吉田都、スペシャリスト部門に水野美紀が選出された。

第6回Women of Excellence Awards授賞式より、左から吉田都、水野美紀。

第6回Women of Excellence Awards授賞式より、左から吉田都、水野美紀。

大きなサイズで見る(全2件)

Women of Excellence Awardsは、“自分らしく働き、輝く女性”の応援を目的に創設されたアワード。イギリスで長年プリンシパルとしてのキャリアを築いてきた東京・新国立劇場舞踏次期芸術監督の吉田は、現役引退後もダンサー育成の環境整備に意欲的に取り組んできたことから同賞のビジネス部門を受賞した。授賞式で吉田は「今は、見通しがつきにくいコロナ禍。舞台に立てず、表現の場を失ったダンサーたちは翼をもがれた鳥のよう」と述べ、「ドイツのグリュッタース文化相は、『文化は良き時代においてのみ享受される贅沢品ではない。一定期間、文化活動を諦めなければならないとすれば、それがどれほどの損失であるかもわれわれは理解している』と語りました。日本でも多くの人に分かってもらえるよう、より良い作品づくりやバレエ団のレベルアップに努めます」と思いを語った。

女優やエッセイストとして活躍し、舞台作品の脚本・演出を手がけるなど、マルチな才能を発揮してきた水野はスペシャリスト部門を受賞。受賞に際し、水野は「クリエイターは作品を通して、時に人々の不安や怒りを代弁したり、笑いや癒やしを生んだりして、目に見えない空気や感情を形にしてきました。私はこのコロナ禍での変化への不安も驚きも希望も苛立ちも、全て仕事に還元します。表現によってたくさんの人と共有し、この時代を後世に伝えられたらと思います」と決意を新たにした。

なお受賞者の2人には、同賞に協賛しているセイコーウオッチの代表取締役社長兼COO兼CMOの高橋修司氏より副賞のグランドセイコーが贈られた。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

吉田都のほかの記事

リンク