“ただいま、おかえり”本多劇場の無観客上演企画「DISTANCE」幕開け

845

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」が、昨日6月1日に東京・本多劇場で開幕した。

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より。(撮影:和田咲子)

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より。(撮影:和田咲子)

大きなサイズで見る(全27件)

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より、永島敬三「ときめきラビリンス」。(撮影:和田咲子)

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より、永島敬三「ときめきラビリンス」。(撮影:和田咲子)[拡大]

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より、井上小百合「齷齪とaccept」。(撮影:和田咲子)

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より、井上小百合「齷齪とaccept」。(撮影:和田咲子)[拡大]

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より、入江雅人「500」。(撮影:和田咲子)

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より、入江雅人「500」。(撮影:和田咲子)[拡大]

「DISTANCE」は、新型コロナウイルスの影響により休館していた東京・本多劇場にとって、活動再開第1弾となる企画。川尻恵太御笠ノ忠次が脚本・演出およびストーリーテラーを担当する本公演では、俳優たちによる一人芝居が無観客で上演され、イープラスのライブ配信サービス・Streaming+で有料生配信される。初日となった昨日6月1日は、永島敬三の「ときめきラビリンス」、井上小百合の「齷齪とaccept」、入江雅人の「500」の3演目が上演された。

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より。(撮影:和田咲子)

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より。(撮影:和田咲子)[拡大]

開幕に際し、川尻は「まだ様々な危険は過ぎ去っていません。そんな状態でも、共に表現活動をしてくれる たくさんの演者さん、たくさんのスタッフさん、そして劇場がある事に、いつもと変わらない感謝を。ただいま、劇場。おかえり、劇場」、御笠ノは「『この指とーまれ』って感じで仲間を集めました。多くの人がとまってくれました。なんだか懐かしい感じです。演劇を始めた頃はこんなだった気がします。なので正直楽しいんです。今回はネット上にはなりますけど、多くのお客様がこの指とまってくれたら嬉しく思います」とコメントしている。

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」のタイムテーブル。

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」のタイムテーブル。[拡大]

公演は6月7日まで。本日2日以降の出演者には伊礼彼方柄本時生小沢道成小林顕作近藤芳正清水宏らが名を連ねている。また出演者11人の舞台写真を収めた公式ビジュアルブックが、完全受注生産にて発売されることが決定した。申し込みは6月30日まで、公式サイトにて受け付けられる。

チケット料金は2500円。各回生配信のみ視聴可能で、アーカイブやディレイ配信は行われない。なお本多劇場グループの本多愼一郎総支配人からのメッセージと、川尻、御笠ノからのコメント全文は以下の通り。

本多劇場グループ 総支配人 本多愼一郎コメント

本日6月1日、本多劇場からDISTANCE無観客生配信をいたします。

4月7日の休館から約2か月の長い休館期間中、

多くの方からの温かいお言葉やご協力をいただき、

再開できることとなりました。

皆さんが本当に支えてくださり、感謝しております。

劇場でお客様に安心して来ていただけるように、

少しずつでも本来の劇場のあるべき姿に戻るまで、

安全対策を常に考えながら公演を行っていきます。

川尻恵太コメント

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より。(撮影:和田咲子)

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より。(撮影:和田咲子)[拡大]

思えば表現活動を始めてから、こんなに長い間、

劇場という空間に足を踏み入れなかった事はなかったかもしれません。

僕の表現活動は間違いなく劇場と共にありました。

演劇でもお笑いでもイベントでも、僕は劇場に行き、

スタッフさんや演者さんと共に、その日しかない空間を作ってきました。

そんな劇場が、ある日突然閉鎖しました。

表現方法の中から劇場という選択肢が消えたのです。

色々な事を模索しました。

そしてたどり着いたのが「劇場で表現を作る」という、

今までと変わらない結論でした。

まだ様々な危険は過ぎ去っていません。

そんな状態でも、共に表現活動をしてくれる

たくさんの演者さん、たくさんのスタッフさん、そして劇場がある事に、

いつもと変わらない感謝を。

ただいま、劇場。おかえり、劇場。

御笠ノ忠次コメント

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より。(撮影:和田咲子)

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」より。(撮影:和田咲子)[拡大]

抗うよりも受け入れようかなと。

コロナがやって来てからの自分自身のスタンスはそれでした。

それはそのまま僕自身の演劇スタンス。

命以上に価値のあるものには今のところ出会えてないですし。

演劇は僕にとっては生活。

コロナじゃなくても何かを受け入れたら生活は変わる。

そんなもんです。

緊急事態宣言を受け入れて一ヶ月くらい経った頃に今回の企画が思い浮かびました。

不思議なもので似たようなタイミングで本多さんと川尻君も似たようなことを考えてました。

「じゃあやってみましょう」

そんなもんだった気がします。

今出来る演劇をやればいい。

ただし劇場で。

はい。

「この指とーまれ」って感じで仲間を集めました。

多くの人がとまってくれました。

なんだか懐かしい感じです。

演劇を始めた頃はこんなだった気がします。

なので正直楽しいんです。

今回はネット上にはなりますけど、多くのお客様がこの指とまってくれたら嬉しく思います。

はい。

この記事の画像(全27件)

本多劇場グループ PRESENTS「DISTANCE」

2020年6月1日(月)~7日(日)
東京都 本多劇場 ※無観客生配信

企画・脚本・演出:川尻恵太御笠ノ忠次
出演(五十音順):井上小百合入江雅人伊礼彼方柄本時生小沢道成片桐仁小林顕作近藤芳正清水宏鈴村健一永島敬三 / 川尻恵太、御笠ノ忠次

全文を表示

関連記事

入江雅人のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 入江雅人 / 井上小百合 / 永島敬三 / 川尻恵太 / 御笠ノ忠次 / 鈴村健一 / 伊礼彼方 / 柄本時生 / 片桐仁 / 小沢道成 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします