DRUM TAO、メンバー5名が新型コロナウイルスに感染

111

大分を拠点に活動するDRUM TAOのメンバー5名が、新型コロナウイルスに感染していることが、昨日4月8日に同団体の公式サイトで発表された。

DRUM TAOのA組は2月23日まで全国公演を行い、24日に帰郷。K組は同月28日に東京常設劇場での公演を休止、29日に帰郷しており、S組は3月12日に北米ツアーを中止、18日に大分・阿蘇くじゅう国立公園内 TAOの里に帰郷していた。現在DRUM TAOでは、保健所と共に感染経路を調査している。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために公演自粛中のDRUM TAOは、去る3月27日に新たなプロジェクト「がんばる日本!応援企画」を開始。「日本全国、世界中に元気を届けたい」という思いのもと、撮り下ろしのライブ映像を公式YouTubeチャンネルで無料公開している。

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします