帝国劇場・シアタークリエ・日生劇場公演、新型コロナウイルスの影響で中止に

1

709

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 377 200
  • 132 シェア

東京・帝国劇場、東京・シアタークリエ、東京・日生劇場で上演予定だった公演が、明日2月28日から3月10日まで中止されることが明らかになった。

これは、新型コロナウイルスの感染状況と、政府の感染症対策本部の方針に鑑みて決定されたもの。対象となるのは、帝国劇場の「Endless SHOCK 20th Anniversary」、シアタークリエのプレミア音楽朗読劇「VOICARION『女王がいた客室』」、日生劇場の「絢爛豪華 祝祭音楽劇『天保十二年のシェイクスピア』」、同じく日生劇場で上演予定のミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~」。払い戻しの方法については、東宝の公式サイトで後日発表される。

全文を表示

※2020年3月21日追記:ミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~」の3月18日(水)までの公演、ならびに「Endless SHOCK 20th Anniversary」の2月28日(金)から3月31日(火)までの公演は、新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

帝国劇場・シアタークリエ・日生劇場公演、新型コロナウイルスの影響で中止に
https://t.co/NhGaJAoDQO

コメントを読む(1件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします