「ピーターパン」タイガー・リリー役は宮澤佐江「また違うリリーを」

106

ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」に、タイガー・リリー役の宮澤佐江が出演することがわかった。

宮澤佐江

宮澤佐江

大きなサイズで見る(全8件)

2017年、2019年にも本作に参加している宮澤は、衣装・ヘアメイク合わせの際に森が「子どもっぽく」と口にしていたことに触れ、「過去に演じたリリーでは、子供らしさを逆に封印していたことでもあったので、今回は今までとはまた違うリリーを演じられそうで今から楽しみです」と期待を寄せ、「2020年夏。東京オリンピックに負けないくらい素敵な思い出を私たちと一緒に作って頂けたら幸いです」とメッセージを送った。

ホリプロ制作による「ピーターパン」は今年で40年目。新たに森新太郎が演出を手がける今回の公演では、衣装や振付のプランが変更される。ピーターパン役には2017年から同役を務める吉柳咲良、フック船長役には松平健がキャスティングされた。本作は8月2日から12日まで東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で上演されるほか、8月から9月にかけて大阪、愛知、静岡、岩手、神奈川を巡演予定。東京公演のチケット販売は3月28日10:00にスタートする。

宮澤佐江コメント

ピーターパン40年目の記念すべき年に、またこうしてタイガー・リリーとして出演できること、心より嬉しく思います。
衣裳・ヘアメイク合わせをした際、演出の森さんが何度も口にしていた言葉は「子どもっぽく」でした。過去に演じたリリーでは、子供らしさを逆に封印していたことでもあったので、今回は今までとはまた違うリリーを演じられそうで今から楽しみです。
咲良ピーターとは、2017年、2019年に引き続きこれで3度目の共演! もう心配なんて一つもなく、彼女についていくのみと思っております。
2020年夏。東京オリンピックに負けないくらい素敵な思い出を私たちと一緒に作って頂けたら幸いです。

この記事の画像(全8件)

ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」

2020年8月2日(日)~12日(水)
東京都 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

2020年8~9月
大阪、愛知、静岡、岩手、神奈川公演を予定。

キャスト

ピーターパン:吉柳咲良
フック船長:松平健
タイガー・リリー:宮澤佐江

※初出時より、スタッフ情報を変更しました。

※2020年7月28日追記:本公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

全文を表示

関連記事

宮澤佐江のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 宮澤佐江 / 吉柳咲良 / 森新太郎 / 松平健 / ジェローム・ロビンス の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします