ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「星の大地に降る涙」稽古を披露、新田真剣佑がパワフルな殺陣で魅せる

606

地球ゴージャス25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」稽古の様子。

地球ゴージャス25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」稽古の様子。

地球ゴージャス25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」の稽古場会見が、本日2月10日に東京都内で行われた。

これは岸谷五朗寺脇康文の演劇ユニット・地球ゴージャスの結成25周年を記念した公演。2009年に初演された「星の大地に降る涙」が新演出版として上演される。本日行われた公開稽古には、新田真剣佑笹本玲奈松本利夫(EXILE)、湖月わたる愛加あゆ、島ゆいか、森公美子、岸谷、寺脇らキャストが参加した。

稽古場会見では、キャストを代表して、新田、笹本、寺脇、岸谷が挨拶。新田は「みんなで切磋琢磨しています。多くの方に観ていただけたらうれしいです。今日はとにかくがんばります!」と稽古への意気込みを語る。続いて笹本は「憧れ続けていた地球ゴージャスさんに参加できること、うれしく思っております。上演されるのは日本ですが、世界に向けて発信するつもりでがんばりたいと思います」と目標を掲げた。

寺脇は「会場となる舞浜アンフィシアターは、東京ディズニーランドのお隣。ディズニーには人気キャラクターがたくさんいますが、うちの座組にも多彩なキャラが勢ぞろいです!」と周囲を見渡し、「“マッケンマウス”! “笹本シンデリナ”! “ドナルドマッツ”! そして……“森の公美のプーさん”!」とキャストを個性的な言い回しで紹介し、会場を笑いで包む。寺脇が「ねえ、マッケンマウス?」と新田に無茶振りすると、新田は「あー! はいっ!」と少し高い声で切り返し、さらなる笑いを誘う。最後に岸谷は「キャスト・スタッフ一同、このエンタテインメントにかけております。ぜひ劇場に足を運んでいただきたいです!」と観客にメッセージを送った。

稽古では、第1幕から全4シーンが公開された。新田は、戦場に身を置く主人公のシャチを全身で表現。アンサンブル陣の一糸乱れぬ動きと呼応するようにパワフルな殺陣を披露し、報道陣を魅了する。また笹本、湖月、愛加らは、記憶をなくしたシャチと遭遇するタバラ族を華麗なダンスで体現。稽古後半では、森が力強い歌声を響かせ、松本はキレのいいダンスで魅せる。さらにメインキャストが勢ぞろいするナンバーが披露された。

「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」は、3月10日から4月13日まで千葉・舞浜アンフィシアター、5月3日から14日まで大阪・フェスティバルホールにて上演される。

地球ゴージャス25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」

2020年3月10日(火)~4月13日(月)
千葉県 舞浜アンフィシアター

2020年5月3日(日・祝)~14日(木)
大阪府 フェスティバルホール

作・演出:岸谷五朗
出演:新田真剣佑笹本玲奈 / 松本利夫(EXILE)、湖月わたる愛加あゆ、島ゆいか / 猪塚健太、松浦司、大平峻也、大嶺巧 / 碓井菜央、原田治、神谷直樹、おごせいくこ、田口恵那、砂塚健斗、加藤真央、大音智海、咲良、鈴木百花、織里織、高木勇次朗、Sarry、杉山真梨佳、青山恵梨子、神田朝香、内木克洋、田邉浩仁、高城徹、筑紫珠楽(和太鼓)、佐藤史織(津軽三味線) / 森公美子 / 岸谷五朗、寺脇康文

※高城徹の「高」ははしご高が正式表記。

ステージナタリーをフォロー