ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「星の大地に降る涙」主演の新田真剣佑「初演を超える作品に」、誕生日サプライズも

723

地球ゴージャス25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」製作発表記者会見より。

地球ゴージャス25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」製作発表記者会見より。

地球ゴージャス25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」の製作発表記者会見が、本日11月6日に東京都内で行われた。

これは岸谷五朗寺脇康文の演劇ユニット・地球ゴージャスの結成25周年を記念した公演。今回は2009年に初演された「星の大地に降る涙」が新演出版として披露される。製作発表には、新田真剣佑笹本玲奈松本利夫(EXILE)、湖月わたる愛加あゆ島ゆいか森公美子、そして岸谷と寺脇が登壇した。

作・演出を担当し、トド役を演じる岸谷は、ユニットの25周年について、「寺脇さんと2人ぼっちの地球ゴージャスを25年続けようという決意があったわけではございません。その時代に合った1つひとつの作品を愛して丁寧に作り上げてきた結果です。これもひとえに、お客様、マスコミの皆様、スタッフ、役者の皆さんのおかげです」と感謝を口にし、「『星の大地に降る涙』がミュージカルとしてよみがえります。ぜひご期待ください!」とメッセージを送る。

続いてザージャ役の寺脇は「25年ということで、私と岸谷さんも“銀婚式”を迎えることとなりました。25年経ってもなんでこんなにラブラブなのでしょうか?(笑)」と笑いを誘いつつ、「お祭りムードの公演ですが、作品としては初演を超えるものを作り上げます。ご期待ください」と自信をのぞかせた。

シャチ役の新田は今回が舞台初主演で、前作「ZEROTOPIA」に続いての地球ゴージャス参加となる。新田は「とても緊張しています」と口にすると、「初演で三浦春馬さんが演じられていたシャチを観て衝撃を受けました。地球ゴージャスに出たいという夢が『ZEROTOPIA』で叶って、今回は主演をさせていただけるので幸せです」と感慨を述べる。

ステラ役の笹本は「たくさんのミュージカル作品に出演させていただいてきたのですが、日本で作られたオリジナルミュージカルへの参加は初めて。地球ゴージャスに参加できて幸せなので、すでに千秋楽を迎えるのがさみしいです」と心境を明かした。

続くカイジ役の松本は「10年前の初演でEXILEの楽曲『愛すべき未来へ』を主題歌に使っていただいたのですが、今回自分がキャストとして携わることができて光栄です」と述べつつ、「実は舞台で歌うことが初めてでして……あれ、歌いますよね?」と、岸谷、寺脇に確認を取る。すると寺脇は「歌ってもらいますし、ハモってもらいますよ!」と答え、岸谷は「でもマイクのスイッチは切っときますよ!(笑)」とジョークを飛ばし、会場を笑いで包んだ。

メリュー役の湖月は「メリューは、寺脇さんが演じるザージャの妻でございます。お客様が恥ずかしくなってヤケドしちゃうくらい、ラブラブな夫婦愛をお届けしたいと思っております」と意気込み、「今回は宝塚の後輩でもある愛加あゆさんと初共演です。共に激しくも大胆に踊り、歌うシーンもありますので、力を合わせてがんばりたいと思います」と愛加に視線を送る。

「ダイナミックな作品で感動しました」と初演の感想を述べるアンジュリ役の愛加は「地球ゴージャスさんは、日本が誇るエンタテインメント集団だと思っております。その一員になれたことがうれしい。感動の舞台をお届けできるよう、魂を込めて演じたいと思います」と笑顔を見せた。

本作を「一番大好きな舞台作品」と表現したシーナ役の島は「素晴らしい先輩方から多くを学びつつ、精一杯演じたいです」と目標を掲げる。そして長老役の森は「私は今年還暦を迎え、本当の長老になりましたので、皆さんを牛耳っていきたいと思います(笑)」と笑いを交えて挨拶した。

製作発表では、初演時にシャチ役を演じた三浦春馬からのビデオメッセージが披露された。三浦は新田に向けて、「真剣佑が演じる新たなシャチが、成功を収めるんだろうなと予感しています。今の真剣佑の実力からすると、(初演を)超えてくるんだろうなという期待が大きい。生まれ変わる『星の大地に降る涙』を楽しみにしています。真剣佑の実力で引っ張っていってほしいです」とエールを送る。

三浦からの激励を受けた新田は「うれしいです。初演を超える作品にしなきゃいけないと改めて思いました」とコメント。最後に岸谷は「真剣佑という役者は、舞台に立つための素材、センス、すべてを持っている俳優なんです。春馬に続くシャチ役には彼しかいなかった」と太鼓判を押し、「地球ゴージャスを愛してくれているキャストの皆さんのエネルギーをお借りして、厳しい稽古を積み、いい作品を発表できればと思います」と締めくくった。

さらに製作発表の最後には、11月16日に23歳を迎える新田へのサプライズバースデーセレモニーが行われた。寺脇が誕生日ケーキを運んでくると、キャスト一同がバースデーソングを歌い、新田を祝福する。新田は驚いた表情を見せながら、「ありがとうございます! すごい! 今、みんなで写真撮っていいですか?」と自身のスマートフォンで記念撮影を始め、報道陣を和ませた。

「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」の公演は、2020年3月10日から4月13日まで千葉・舞浜アンフィシアター、5月3日から14日まで大阪・フェスティバルホールにて。チケットの一般販売は11月9日10:00にスタート。

地球ゴージャス25周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」

2020年3月10日(火)~4月13日(月)
千葉県 舞浜アンフィシアター

2020年5月3日(日・祝)~14日(木)
大阪府 フェスティバルホール

作・演出:岸谷五朗
出演:新田真剣佑笹本玲奈 / 松本利夫(EXILE)、湖月わたる愛加あゆ島ゆいか / 猪塚健太、松浦司、大平峻也、大嶺巧 / 碓井菜央、原田治、神谷直樹、おごせいくこ、田口恵那、砂塚健斗、加藤真央、大音智海、咲良、鈴木百花、織里織、高木勇次朗、Sarry、杉山真梨佳、青山恵梨子、神田朝香、内木克洋、田邉浩仁、高城徹、筑紫珠楽(和太鼓)、佐藤史織(津軽三味線) / 森公美子 / 岸谷五朗、寺脇康文

※高城徹の「高」ははしご高が正式表記。

ステージナタリーをフォロー