蘇生か誕生か?「コールド・ベイビーズ」にMARK、田中順也、KOHEY、石川凌雅ら

160

「コールド・ベイビーズ」が、2月5日から9日まで東京の中目黒キンケロ・シアターで上演される。

「コールド・ベイビーズ」チラシ表

「コールド・ベイビーズ」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

劇団5454春陽漁介が作・演出を手がける本作は、“蘇生か、誕生か?”をキャッチフレーズに掲げる社会派SF。プロデュース・構成・キャスティングを手がける川上ともこがプロデューサーを担い、MARK、田中順也、KOHEY、石川凌雅、渡辺コウジ、小黒雄太が出演する。

時は2020年代、日本政府は体外受精の研究を進め、母体を必要としない“コールドベイビー”と呼ばれる子供たちを生み出した。成人した彼らは、問題なく社会で生活をする一方、一般家庭で育った者との感覚に大きな隔たりがあり……。

なお本作は、東京・赤坂RED/THEATERで12月13日から22日まで上演される劇団5454「カタロゴス~『青』についての短編集~」の冒頭に登場する。

この記事の画像(全2件)

「コールド・ベイビーズ」

2020年2月5日(水)~9日(日)
東京都 中目黒キンケロ・シアター

作・演出:春陽漁介
出演:MARK、田中順也、KOHEY、石川凌雅、渡辺コウジ、小黒雄太

リンク

関連記事