シネマ歌舞伎「女殺油地獄」舞台挨拶、幸四郎が役作り明かす「忠実に」

179

《シネマ歌舞伎》女殺油地獄(幸四郎)」の舞台挨拶が昨日11月17日に東京・東劇で行われ、主演を勤めた松本幸四郎が登壇した。

シネマ歌舞伎「女殺油地獄」舞台挨拶より。松本幸四郎。

シネマ歌舞伎「女殺油地獄」舞台挨拶より。松本幸四郎。

大きなサイズで見る(全12件)

シネマ歌舞伎「女殺油地獄」舞台挨拶より。松本幸四郎。

シネマ歌舞伎「女殺油地獄」舞台挨拶より。松本幸四郎。[拡大]

シネマ歌舞伎「女殺油地獄」舞台挨拶より。松本幸四郎。

シネマ歌舞伎「女殺油地獄」舞台挨拶より。松本幸四郎。[拡大]

舞台挨拶では、Twitterで事前に募られた質問に幸四郎が回答。本作の役作りについて「稽古時に気を付けたことは?」と質問された幸四郎は、「(片岡)仁左衛門のおじさんが監修に入ってくださり、『どういう場面でも絵にならなくてはいけない、例えば尻もちをついたときでも写真を撮られてもいい格好になってなければいけない、感情的に叫んでも綺麗な声になってなければいけない、それが歌舞伎である』と教えられた」とエピソードを明かし、「世話物なので、自然な演技が大切ですが、脚の角度、手の置き方などすべてを計算されたうえで与兵衛は完成されている。それをなんとか忠実に演じようと努めました」と真摯に回答した。

最後に幸四郎は、「まだまだこれからもシネマ歌舞伎の可能性を試して、皆様にも楽しんでいただきたい」と意気込みを語り、舞台挨拶を締めくくった。シネマ歌舞伎「女殺油地獄」の上映は11月28日まで。

なおステージナタリーではシネマ歌舞伎「女殺油地獄」の特集を展開中。どのような思いをもって本番、そしてシネマ歌舞伎化に臨んだのか、幸四郎に話を聞いた。

この記事の画像・動画(全12件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

松本幸四郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 松本幸四郎 / 片岡仁左衛門 / 《シネマ歌舞伎》女殺油地獄(幸四郎) の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします