4つの物語から“すき”を紡ぐ、WAKUプロデュース「すき の あと」

66

WAKUプロデュース「すき の あと」が、12月4日から8日まで東京・赤坂RED/THEATERで上演される。

WAKUプロデュースvol.24「すき の あと」チラシ表

WAKUプロデュースvol.24「すき の あと」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

WAKUプロデュースvol.24「すき の あと」チラシ裏

WAKUプロデュースvol.24「すき の あと」チラシ裏[拡大]

「すき の あと」は、TARAKOが作・演出を手がけるWAKUの最新作。本作の舞台は、日曜日昼に生放送されるとある番組だ。劇中では、余命宣告された母や、リストラされ引きこもりなった父を心配する子供たちなどの“すき”を紡ぐ4つの物語が展開する。

なおスペシャルボイスキャストとして西脇保、疋田由香里、楠見尚己が出演。さらにスペシャルキャストとして五十鈴ココ、一龍斎貞友、尾田木美衣、桂憲一、佐々木優子、滝佳保子、田中真弓、福島桂子、松野太紀が回替わりで登場する。

この記事の画像(全2件)

WAKUプロデュースvol.24「すき の あと」

2019年12月4日(水)~8日(日)
東京都 赤坂RED/THEATER

作・演出:TARAKO
出演:木原実四大海、鹿島良太、斉藤佑介森屋正太郎 / 蒲田哲安居剣一郎 / 伊藤つかさ高乃麗、金子美鈴、鈴木茜、悦永舞 / 山口美砂、佐野貴之、荒嶽恵、TARAKO
スペシャルボイスキャスト:西脇保、疋田由香里、楠見尚己
スペシャルキャスト(五十音順):五十鈴ココ、一龍斎貞友、尾田木美衣、桂憲一、佐々木優子、滝佳保子、田中真弓、福島桂子、松野太紀

全文を表示

関連記事

TARAKOのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 TARAKO / 木原実 / 四大海 / 斉藤佑介 / 森屋正太郎 / 蒲田哲 / 安居剣一郎 / 伊藤つかさ / 高乃麗 / 鈴木茜 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします