“日本人とは何者か?”探る、ハツビロコウ「国粋主義者のための戦争寓話」

14

ハツビロコウ「国粋主義者のための戦争寓話」が、9月24日から29日まで東京・小劇場楽園で上演される。

ハツビロコウ #7「R.U.R.」より。

ハツビロコウ #7「R.U.R.」より。

大きなサイズで見る(全6件)

ハツビロコウ #8「国粋主義者のための戦争寓話」チラシ表

ハツビロコウ #8「国粋主義者のための戦争寓話」チラシ表[拡大]

ハツビロコウは、鐘下辰男率いる演劇企画集団THE・ガジラのワークショップで出会った俳優たちにより2015年に結成されたユニット。今公演では、鐘下の作品「国粋主義者のための戦争寓話」を、松本光生の上演台本・演出で立ち上げる。

松本は本作について「巷では、ナショナリズムが声高に叫ばれる昨今、ハツビロコウは、この上演を通じて『日本とは何なのか?』『日本人とは何者なのか?』という問いの答えを探ります」とコメントしている。

松本光生コメント

「国粋主義者のための戦争寓話」は、広島に原爆が投下された直後、敗戦の瀬戸際に立たされた日本が実際に計画した「ある作戦」をモチーフに書かれた寓話的要素を持つ作品です。
巷では、ナショナリズムが声高に叫ばれる昨今、ハツビロコウは、この上演を通じて「日本とは何なのか?」「日本人とは何者なのか?」という問いの答えを探ります。

この記事の画像(全6件)

ハツビロコウ #8「国粋主義者のための戦争寓話」

2019年9月24日(火)~29日(日)
東京都 小劇場楽園

作:鐘下辰男
上演台本・演出:松本光生
出演:草なぎ智文、蒲田哲、石井俊史、井手麻渡、小野涼平、石津雄司、亀山ゆうみ、大木明、加古みなみ、松本光生

※草なぎ智文の「なぎ」は弓へんに剪が正式表記。

全文を表示

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 松本光生 / 鐘下辰男 / 蒲田哲 / 井手麻渡 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします