ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

革命開始!安井謙太郎ら7人の個性が光る、舞台「7ORDER」開幕

2676

舞台「7ORDER」より。

舞台「7ORDER」より。

舞台「7ORDER」が本日8月22日に東京・天王洲 銀河劇場で開幕。これに先駆け、初日会見とゲネプロが本日行われた。

舞台「7ORDER」は、7ORDER projectのメンバーである安井謙太郎真田佑馬諸星翔希森田美勇人萩谷慧悟阿部顕嵐長妻怜央が出演する舞台。第1幕では演劇作品が上演され、第2幕では歌唱あり、ダンスあり、バンド演奏ありのライブパフォーマンスが披露される。

第1幕の舞台となるのは、“AZ法”により人々がランク分けされた世界。最下層であるZランクの7人の青年たちは、自由を手にするために、革命を起こすべく力を合わせて奮闘する。7人が演じるキャラクターの設定、劇中で使用される映像や美術などには、メンバー1人ひとりの個性や特技、グループのカラーが色濃く反映されている。

ゲネプロ前に行われた初日会見には、メンバー7人が出席。まず最年長の安井が「7ORDER project始動から、今日でぴったり3カ月になります。このタイミングで舞台にチャレンジできて本当にうれしい。すべての力を出してがんばりたいと思います」と感慨深げに語る。続く真田が「昨日はワクワクして眠れませんでした!(笑) この作品を上演できて、本当にありがたい気持ちでいっぱいです」と述べると、諸星が「昨日はめちゃくちゃよく眠れました!」と被せて笑いを誘いつつ、「皆さんに愛される舞台にしたいです。応援よろしくお願いします!」と挨拶した。

森田は「おじいちゃんになっても『あの頃、楽しかったな』と思えるような作品にしたいです」と笑顔を見せ、萩谷は「やっとスタートラインに立つことができました。いいスタートを切れるようにしたいです」と意気込みを語る。阿部は、役作りのために髪を赤く染めたことに触れつつ、「皆さんの前でパフォーマンスできるのが楽しみです」と瞳を輝かせた。

最後にメンバー最年少の長妻が「みんなで支え合いながら本番を楽しめたらと思います。千秋楽までよろしくお願いします」と挨拶すると、メンバーから「えっ、普通のこと言った!?」「絶対変なこと言うと思ったのに!」「反対マンだ!」とツッコミが入る。また記者から「稽古を一番がんばっていたのは誰か」と質問された際、長妻は元気いっぱいに挙手し、「しいて言うなら俺かな? 俺です!」とアピールした。

本作の見どころについて、安井は「7人が勢ぞろいするオープニングのシーン」、真田は「自分が作った曲が劇中で使用されていて感慨深い。ぜひ注目してください」、諸星は「7人が結託するシーンがエモいです」と回答。最後に安井が「皆さんの期待に応えられるように、一歩ずつしっかりとした足取りで、横一列そろって進んでいきたいと思います。応援よろしくお願いします」と決意を語り、会見を締めくくった。

上演時間は休憩ありの約2時間10分。天王洲 銀河劇場での公演は9月1日まで。その後、5日から8日まで兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobeで上演される。なお千秋楽公演はDMM.comでライブ配信される予定だ。

舞台「7ORDER」

2019年8月22日(木)~9月1日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

2019年9月5日(木)~8日(日)
兵庫県 AiiA 2.5 Theater Kobe

脚本:河西裕介
演出:児玉明子
出演:安井謙太郎真田佑馬諸星翔希森田美勇人萩谷慧悟阿部顕嵐長妻怜央

(c)2019 7ORDER project

ステージナタリーをフォロー