ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

モダン開幕、蓬莱竜太が語る「この作品がどこに向かいどういう発見があるのか」

220

モダンスイマーズ結成20周年記念公演「ビューティフルワールド」より。

モダンスイマーズ結成20周年記念公演「ビューティフルワールド」より。

モダンスイマーズ「ビューティフルワールド」が、昨日6月7日に開幕した。

モダンスイマーズ結成20周年を記念して上演される本作は、同劇団にとって「嗚呼いま、だから愛。」以来約3年ぶりとなる新作。「その純愛は、美しいのか。」をキーワードに、蓬莱竜太が物語を立ち上げる。

何をやってもさえない未婚の四十代の男と、夫から愛されていない妻がいた。職場で出会った2人は、次第に関係を深めていき……。モダンスイマーズの津村知与支が主演を務め、共演には小椋毅生越千晴古山憲太郎西條義将のほか、吉岡あきこ成田亜佑美、そして菅原大吉が名を連ねている。

蓬莱は「初日を終えてこの作品がどこに向かいどういう発見があるのか楽しみになりました。舞台上で起こる現象をお客さんの一人一人がどういう感じ方をするのか、その写し鏡こそがこの作品の意味なのかもしれないと感じています」とコメントした。公演は6月23日まで、東京・東京芸術劇場 シアターイーストにて。

モダンスイマーズ結成20周年記念公演「ビューティフルワールド」

2019年6月7日(金)~23日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

作・演出:蓬莱竜太
出演:津村知与支小椋毅生越千晴古山憲太郎西條義将 / 吉岡あきこ成田亜佑美 / 菅原大吉

ステージナタリーをフォロー