ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

劇団晴天が新作・再演の2本立て、大石晟雄「旅立つ話と、帰ってくる話を」

44

劇団晴天「『遠くまで来たんだ』 / 『朝をつれてこい』」が、5月18日から26日まで東京・シアター風姿花伝で上演される。

劇団晴天の第10回公演となる今回は、新作の「遠くまで来たんだ」と、佐藤佐吉賞2015で優秀脚本賞を受賞した「朝をつれてこい」を2本立てで上演する。

脚本・演出を手がける大石晟雄は公演について「旅立つ話と、帰ってくる話を二本立てで上演します」と述べ、「どちらも、特別な人間の出てこない『普通の話』です。そこに出てくる人々が、楽しみ苦悩し努力する姿が、明日も頑張ろうと思える応援歌になれば良いです」と意気込みを語った。

劇団晴天 第10回公演「『遠くまで来たんだ』 / 『朝をつれてこい』」

2019年5月18日(土)~26日(日)
東京都 シアター風姿花伝

脚本・演出:大石晟雄

「遠くまで来たんだ」

出演(五十音順):加藤琢巳、きずき、櫻井竜彦、鈴木あかり、中野智恵梨、湯浅くらら、万代竜一、三浦葵、宮口嘉行

「朝をつれてこい」

出演(五十音順):小川哲也、函波窓、木村聡太、詩萌、鈴真紀史、谷川清夏、中崎正人、西竹巧弥

※中崎正人の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

ステージナタリーをフォロー