ロシア・アヴァンギャルド背景に建築家たち描く、serial number「機械と音楽」

106

serial number「機械と音楽」が、6月12日から18日まで東京・吉祥寺シアターで上演される。

serial number 02「機械と音楽」チラシ

serial number 02「機械と音楽」チラシ

大きなサイズで見る(全3件)

serial number 02「機械と音楽」ビジュアル

serial number 02「機械と音楽」ビジュアル[拡大]

詩森ろばが脚本・演出を手がける本作は、serial numberの前身となる風琴工房で2005年に初演された作品。1910年代から30年代にロシアで起きた芸術運動ロシア・アヴァンギャルドを背景に、実在の建築家イヴァン・レオニドフを軸とした建築家たちの群像劇を描く。

出演者には、田島亮三浦透子大石継太、劇団道学先生の青山勝、柿喰う客の田中穂先酒巻誉洋熊坂理恵子きなり、そして文学座の浅野雅博が名を連ねた。チケット予約は4月6日10:00に開始される。

この記事の画像・動画(全3件)

serial number 02「機械と音楽」

2019年6月12日(水)~18日(火)
東京都 吉祥寺シアター

脚本・演出:詩森ろば
出演:田島亮 / 三浦透子大石継太青山勝田中穂先酒巻誉洋熊坂理恵子きなり / 浅野雅博

関連記事

serial numberのほかの記事

リンク