ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ルドルフ「フレイム」主人公は火を“呼ぶ”放火の常習犯

35

ルドルフ「フレイム」が、明日2月22日から24日まで京都・studio seedboxで上演される。

ルドルフ代表の筒井加寿子が脚本・演出を手がける本作は、何もないところに火を“呼ぶ”ことができる放火の常習犯・秋山夏海を主人公とした物語。夏海が起こした放火事件の公判では、検事の山上が被告人質問に臨んでいた。支離滅裂な応答を繰り返す夏海に苛立つ山上だったが、次第に彼女を罪人とすることに迷いを感じはじめ……。

開幕を前に筒井は「才能が暴発している人って面白いなと思ってついこんな作品を作ってしまいました。よかったらぜひ観にきてください」と観客にメッセージを送った。キャストには、劇団衛星のF.ジャパン、THE GO AND MO'Sの黒川猛、豊島由香、ウミ下着の福井菜月、山下ダニエル弘之が名を連ねている。

筒井加寿子コメント

放火犯として逮捕されたとある女が主人公です。彼女は、火がついたのは自分には制御不能な超能力のせいであるとして無罪を主張します。才能が暴発している人って面白いなと思ってついこんな作品を作ってしまいました。よかったらぜひ観にきてください。

ルドルフ vol.6「フレイム」

2019年2月22日(金)~24日(日)
京都府 studio seedbox

脚本・演出:筒井加寿子
出演:F.ジャパン、黒川猛、豊島由香、福井菜月、山下ダニエル弘之

ステージナタリーをフォロー