ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「ブルーマン」サポーターにブルゾンちえみ&ブリリアン、全身青コーデで「待つの!」

101

「ブルーマングループ ワールドツアー IN JAPAN オフィシャルサポーター就任記者発表」より。

「ブルーマングループ ワールドツアー IN JAPAN オフィシャルサポーター就任記者発表」より。

「ブルーマングループ ワールドツアー IN JAPAN」のオフィシャルサポーターにブルゾンちえみ、“with B”ことブリリアンのコージとダイキが就任。その就任記者発表が本日1月21日に東京都内で行われた。

「ブルーマン」は、全身を青く染めた3人のパフォーマーがオリジナル楽器を用いたサウンドに合わせ、パフォーマンスを披露する“アート・パフォーマンス・エンターテインメント”。日本では2007年に「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」として専用劇場でのロングラン公演が行われ、09年11月に千秋楽を迎えたあと、翌10年4月には再公演が行われ、12年まで上演された。

就任記者発表には、まず全身ブルーのコーディネートとそれに合わせたメイクを施したブルゾンちえみが登壇。このコーディネートは、ブルーマングループが世界的に展開する「#iBlueMyselfキャンペーン」になぞらえた衣装となっている。衣装を着た感想についてブルゾンちえみは「メイクまで青いのは初めて。意外と違和感なく、しっくりきてます」と気に入った様子でコメントした。

続いて登場したブリリアンのコージとダイキは、顔や手を青く塗って登場。一言も話そうとしない2人に、ブルゾンちえみは「ブルーマンはしゃべらないんですが、そこもリンクさせてみました!」と解説し、「青く塗ったことで、(2人が)『面白いだろ?』みたいな感じで、ドヤ顔で見つめてくるんでイライラします(笑)」と感想を述べると、コージは自分たちの青い顔について「強い武器を手に入れたなと思います(笑)」と口走り、会場の笑いを誘った。

昨年18年末に「ブルーマン」のアメリカ・ラスベガス公演を観に行ったという3人。「ブルーマン」を初めて観たと明かしたブルゾンちえみは、公演に登場するオリジナル楽器を触らせてもらった体験やパフォーマーたちと直接話したエピソードを交えながら、「何も下調べせず、ファーストインプレッションで観ようと思って行ったんですが、いい意味で裏切られました。『ブルーマン』は“ブルーマン”というジャンルで確立されているんだなって」と興奮気味に語る。続くダイキは「一切しゃべらないのに3人のキャラクターがわかって、100分飽きずに楽しめます!」と語った。

過去に東京で上演された「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」を観て、「舞台上で演じることがしたいと、芸能界を志した」と業界入りのきっかけを回想するコージは、司会者から「だからしゃべらないんですね?」と、ブルゾンちえみとのネタについて触れられると「それはブルゾンさんの世界観です(笑)!」と切り返す。続けてコージは「『ブルーマン』ってちょっと怖いイメージがあるかもしれませんが、まったく違います。すごく陽気でめちゃくちゃ笑えます」と魅力をアピールした。

ブルゾンちえみは「ブルーマンの方たちの技術はすごすぎるので真似できませんが、言語が違っても、音楽やリズムだけで、魂が楽しいと思えるようなものを表現できるんだと思って、私も音楽を使ったネタをやっていきたいです」と思いを述べる。これに対してコージが「ブリリアンとしてのネタで1個、一切しゃべらないネタを製作中です!」と明かすと、ブルゾンちえみは「大丈夫ですかね……」と心配そうに2人を見つめる。コージが「単純にしゃべりがうまくないだけなんですが、ブルーマンをネタに使っていいとのことで(笑)」と言うと、ブルゾンちえみは「ブルーマンもいい迷惑だよ!」とツッコみ、「ブルーマンに対して失礼のないように頼むよ!」と注意を促した。

続いては「ブルーマン」で披露されるパフォーマンスの1つで、口でマシュマロをキャッチし続ける“マシュマロキャッチ”にコージが挑戦することに。司会者から「マシュマロキャッチが20個成功したら、コージさん念願の『ブルーマン』公演デビューが約束されます!」と告げられると、会場は熱気に包まれる。「練習では最高17個、成功しています」と明かすコージ。実際にチャレンジがスタートすると2個目で失敗したが、何事もなかったかのように挑戦が続けられた。ブルゾンちえみは「いやいやいや、終わるのが早すぎるって! みんな『あと3個!』とか言ってハラハラしたかったのよ。2個目で失敗したら、あとの19個をどう観ていいかわかんなかったよ!」とダメ出しする。これを受けたコージは「本番の5月1日までに猛練習してきます!」と、くやしそうな表情で宣言した。

最後に公演について、ブルゾンちえみは「お子様から大人までみんなが楽しめます。私たちと一緒に5月まで、首を長くして……待つの!」と決めゼリフでアピール。コージは「誰でも楽しめるショーですので、皆さん笑う準備をして待っててください!」、ダイキは「言葉の壁を超越した作品で、観たら必ず何か得られるものがある舞台。ぜひこの機会にご覧ください」とそれぞれ挨拶し、記者発表は締めくくられた。

公演は5月1日から6月2日まで東京・EX THEATER ROPPONGI、6月5日から9日まで愛知・愛知県芸術劇場 大ホール、6月12日から16日まで大阪・オリックス劇場にて。東京公演、愛知公演の一般チケットは販売中で、大阪公演のみ、1月26日に一般販売がスタートする。

「ブルーマングループ ワールドツアー IN JAPAN」

2019年5月1日(水・祝)~6月2日(日)
東京都 EX THEATER ROPPONGI

2019年6月5日(水)~9日(日)
愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール

2019年6月12日(水)~16日(日)
大阪府 オリックス劇場

※初出時、曜日に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

ステージナタリーをフォロー