ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

柿喰う客の平成最後の新作、幻想怪奇譚「美少年」開幕

286

柿喰う客 新作本公演2018-2019「美少年」より。(撮影:神ノ川智早)

柿喰う客 新作本公演2018-2019「美少年」より。(撮影:神ノ川智早)

柿喰う客「美少年」が、昨日12月15日に東京・Geki地下Libertyで開幕した。

柿喰う客にとって平成最後の新作となる本作は、美しい少年に狂う、醜い大人たちを描いた耽美な幻想怪奇譚。昭和最後の年、閑静な住宅街で起きた美少年誘拐事件は、少年が無事に保護されたことで被疑者不明のまま解決した。それから30年、かつて美少年だった男が新たな誘拐事件を起こしたことにより、悲しくおぞましい事実が明らかになる。

作・演出を手がけるのは中屋敷法仁。出演には永島敬三大村わたる加藤ひろたか田中穂先が名を連ねた。上演時間は約1時間で、東京公演は12月30日まで。その後、1月9・10日に三重・三重県文化会館 小ホール、1月18日に新潟・新潟市秋葉区文化会館 ホールで上演される。

柿喰う客 新作本公演2018-2019「美少年」

2018年12月15日(土)~30日(日)
東京都 Geki地下Liberty

2019年1月9日(水)・10日(木)
三重県 三重県文化会館 小ホール

2019年1月18日(金)
新潟県 新潟市秋葉区文化会館 ホール

作・演出:中屋敷法仁
出演:永島敬三大村わたる加藤ひろたか田中穂先

ステージナタリーをフォロー