ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

植田圭輔主演「pet」舞台&アニメ版キャスト集結!朗読披露も

230

テレビアニメ・舞台「pet」プロジェクト発表会より、左から加瀬康之、小野友樹、谷山紀章、植田圭輔、谷佳樹、萩野崇。

テレビアニメ・舞台「pet」プロジェクト発表会より、左から加瀬康之、小野友樹、谷山紀章、植田圭輔、谷佳樹、萩野崇。

植田圭輔が主演を務める、テレビアニメ・舞台「pet」のプロジェクト発表会が本日9月24日に東京都内で行われた。

三宅乱丈のマンガ「ペット リマスター・エディション」は、他者の脳内に潜り込み、記憶を操作することができる特殊能力を持った“ペット”と呼ばれる少年たちの生き様を描くSFヒューマンドラマ。一般オーディエンスが緊張した面持ちで待ち受ける中、まず植田がステージ上に登場し、「ペット」のイントロダクションを読み上げ、イベントは静かに幕を開けた。

続いて、司会を務めるニッポン放送の吉田尚記アナウンサーが登壇。吉田アナウンサーの呼びかけに応え、舞台「pet」の出演者であるヒロキ役の植田、悟役の谷佳樹、林役の萩野崇がステージに姿を現した。「ペット」の舞台化第1弾「舞台『pet』-壊れた水槽-」が12月に上演されることが明かされたのち、3人は原作マンガを読んだ感想や、自身が演じるキャラクターへの思い、ビジュアル撮影時のエピソードなどを口々に語る。なおメインキャストの1人・司役を務める桑野晃輔は、舞台本番中のため本日欠席となった。

さらにキャスト陣は、本作のあらすじや世界観についても説明。人の記憶において、最も幸福な記憶が集まる場所“ヤマ”と、最もつらい記憶が集まる場所“タニ”について解説しながら、植田は谷の名字と“タニ”を絡めて説明し会場の笑いを誘った。

また本日のイベントでは、来年2019年に放送されるテレビアニメ「pet」のキャスト情報も明らかに。アニメ版、舞台版の双方でヒロキ役を演じる植田に加え、アニメ版で司役を演じる谷山紀章、悟役を務める小野友樹、林役を演じる加瀬康之がサプライズで登場すると、客席からは大きな歓声が上がる。

アニメ「文豪ストレイドッグス」で中原中也役を務めた谷山と、舞台「文豪ストレイドッグス」で同じく中原中也役を演じた植田。吉田アナウンサーがこのことに触れると、植田は瞳を輝かせながら、谷山との距離を縮めるべくすぐさまアクションを起こし、会場の雰囲気を和ませる。またオーディション時に、作中に登場するキーワード“タニ”と“ヤマ”から谷山を連想していたという小野は、キャストの1人に谷山の名前があることに驚いたと明かし、観客を笑わせた。そして最後にアニメ版キャストによる朗読が披露され、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

伊勢直弘が脚本・演出を手がける「舞台『pet』-壊れた水槽-」は、12月5日から9日まで東京・草月ホールにて上演。また19年には、舞台化第2弾「舞台『pet』-虹のある場所-」が上演される予定だ。

「舞台『pet』-壊れた水槽-」

2018年12月5日(水)~9日(日)
東京都 草月ホール

原作:三宅乱丈「ペット リマスター・エディション」(ビームコミックス / KADOKAWA)
協力:テレビアニメ「pet」
総合監修:なるせゆうせい
脚本・演出:伊勢直弘

キャスト

ヒロキ:植田圭輔
司:桑野晃輔
悟:谷佳樹
林:萩野崇

「舞台『pet』-虹のある場所-」

2019年上演予定

テレビアニメ「pet」

2019年放送予定

原作:三宅乱丈「ペット リマスター・エディション」(ビームコミックス / KADOKAWA)
監督:大森貴弘
シリーズ構成:村井さだゆき
キャラクターデザイン:羽山淳一

キャスト

ヒロキ:植田圭輔
司:谷山紀章
悟:小野友樹
林:加瀬康之

(c)三宅乱丈・KADOKAWA/ツインエンジン (c)三宅乱丈・KADOKAWA /舞台「pet」製作委員会

ステージナタリーをフォロー