ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台「pet」“完結編”が開幕、植田圭輔「最後の瞬間を見届けて」

399

「舞台『pet』─虹のある場所─」より。

「舞台『pet』─虹のある場所─」より。

「舞台『pet』─虹のある場所─」が、昨日7月29日に東京・神田明神ホールで開幕。これに先駆け、公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

「舞台『pet』─虹のある場所─」は、三宅乱丈のマンガを原作とした「舞台『pet』」の第2弾。異能力者・petたちが運命に翻弄される物語を、総合監修になるせゆうせい、演出・脚本に伊勢直弘を迎え立ち上げる。出演者には、昨年上演された第1弾「舞台『pet』─壊れた水槽─」からの続投となる植田圭輔桑野晃輔谷佳樹萩野崇君沢ユウキ伊勢大貴あまりかなりに加え、安西禀が名を連ねた。

ゲネプロ後に行われた囲み取材には、キャストが出席した。まず植田が「前編の伏線を回収しつつ、観客の感情を揺さぶるような作品になっています。キャラクターそれぞれの“愛の形”が、最愛なのか狂愛なのか憎愛なのか、それぞれ観るお客様によって捉え方が違うかと」と本作の見どころについて語り、続く桑野は「完結に向かって役と作品を昇華していきたい」と本作が完結編であることについて触れ、「さまざまな人間模様や関係性が散りばめられているので、必ず共感してもらえるところがあるはず」と作品の魅力に言及した。

「座組の1人ひとりが本当にパワフル」と明かす谷は、「そんなキャストたちが舞台上でぶつかり合うので、すごくパワーのある作品だと感じています。僕たちの発するエネルギーを、客席で直に感じていただきたい」と来場を呼びかけ、萩野は「僕が演じる林という役は、(桑野)晃輔くん演じる司と、谷くん演じる悟の親的な存在。林の伝わりづらい親心を大切に演じていきたい」と思いを述べる。

君沢は「大切な人とのあいだに生まれる誤解とか、勘違いとか、世の中で一番どうしようもなくて辛いことが、この劇場のこの場所で、毎公演違った化学反応を起こしながら上演されていく。人間の根幹をえぐり出した作品です」と真摯に語り、あまりは「各々の求めている愛の形というものが、如実に現れた後編になりました」自信を見せつつ、「特に一番最後のシーンは稽古場でも涙を流すくらい、愛というものが集約されて描かれていると思います。その光景を、皆様と共有したい」とコメントした。

最後にファンへのメッセージを求められた植田は、「我々petたちが存分に勘違いし、思い違いをし、すれ違っていく姿を、胸がしめつけられながら観てもらえればうれしいです。ラストシーンのために、前作からやってきました。皆様にもその最後の瞬間を見届けていただきたいです。応援よろしくお願いいたします!」と気合十分な様子を見せ、会見を締めくくった。上演時間は約2時間。公演は8月4日まで。

「舞台『pet』─虹のある場所─」

2019年7月29日(月)~8月4日(日)
東京都 神田明神ホール

原作:三宅乱丈「ペット リマスター・エディション」(ビームコミックス / KADOKAWA)
協力:テレビアニメ「pet」
総合監修:なるせゆうせい
演出・脚本:伊勢直弘

キャスト

ヒロキ:植田圭輔
司:桑野晃輔
悟:谷佳樹
林:萩野崇
桂木:君沢ユウキ
ロン:伊勢大貴
ジン:あまりかなり
メイリン:安西稟

アンサンブル:田中崇士、平本亜夢

(c)三宅乱丈・KADOKAWA /舞台「pet」製作委員会

ステージナタリーをフォロー