ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「芸術祭十月大歌舞伎」助六演じる片岡仁左衛門、勘三郎の思いを「勘九郎くんに」

2043

片岡仁左衛門

片岡仁左衛門

「芸術祭十月大歌舞伎」が、10月1日から25日まで東京・歌舞伎座で上演される。公演に先駆け、去る9月6日に片岡仁左衛門が東京都内にて取材に応じた。

十八世中村勘三郎七回忌追善公演として行われる今年2018年の「芸術祭十月大歌舞伎」。昼の部には「三人吉三巴白浪」「大江山酒呑童子」「東山桜荘子 佐倉義民伝」、夜の部には「宮島のだんまり」「義経千本桜 吉野山」「助六曲輪初花桜」が披露され、今回仁左衛門は「助六曲輪初花桜」で、歌舞伎座では襲名披露以来約20年ぶりに花川戸助六を勤める。

仁左衛門は江戸一の色男・助六について「ほとんどの立役がやりたい役ではないでしょうか」とやわらかな関西弁で紹介し、「この歳で助六を勤められることもありがたいし、私としても集大成の心構えでね」と言葉に力を込める。

記者から「色男とは?」という質問が飛ぶと「女性に好かれることでしょう。そして男性からも好かれる」と持論を述べ、「自身を色男と思うか」という質問に対しては「恥ずかしいですけれどね、舞台出たらそう思わないとやっていられない」と回答し笑顔を見せる。これを受けた記者が「実際にいい男でいらっしゃいますから」と返すと、仁左衛門は「ありがとうございます」と茶目っ気たっぷりに答え、会見場を和ませた。

そして話題が、生前に親交の深かった十八世勘三郎の追善におよぶと「彼(十八世勘三郎)をしのびながら……」と口にし、少し考えたうえで、「私の中には本当に、まだいるんですよ彼は」と頭をかく。「未だにいないとは思えない。夢で芝居もしますしね。ケンカもするし、飲みにも行く。他愛ないことを言ったりしてね」といたずらっぽく微笑み、「この追善興行を大成功させることが、彼への本当の追善。喜んでくれていると思うんだけれどね」と、机上の公演チラシを指でそっと叩いた。

また、自分は助六を十七世勘三郎から学び、一方、十八世勘三郎からは、助六を「教えてほしい」と乞われていたことを明かす仁左衛門。「彼に『私より東京の人から教わったほうがいいんじゃない?』と言ったら、『兄ちゃん(仁左衛門)に教えてほしいんだ!』と言ってくれて。その実現できなかった思いを、今の(中村)勘九郎くんにつなげたい。勘九郎くんに私の助六をそばで見ていてほしい。そして大和屋(坂東玉三郎)さんの指導もと、(中村)七之助くんを“揚巻役者”にしたい。2人に対する期待ですよね」と語り、落ち着いた口調の中にも、今回の「助六曲輪初花桜」にかける熱い思いを垣間見せた。

「芸術祭十月大歌舞伎」

2018年10月1日(月)~25日(木)
東京都 歌舞伎座

昼の部

「三人吉三巴白浪」
お嬢吉三:中村七之助
お坊吉三:坂東巳之助
夜鷹おとせ:中村鶴松
和尚吉三:中村獅童

「大江山酒呑童子」
酒呑童子:中村勘九郎
平井保昌:中村錦之助
渡辺綱:中村歌昇
坂田公時:中村隼人
濯ぎ女なでしこ:中村児太郎
濯ぎ女わらび:中村種之助
濯ぎ女若狭:市川高麗蔵
源頼光:中村扇雀

「東山桜荘子 佐倉義民伝」
木内宗吾:松本白鸚
おさん:中村七之助
徳川家綱:中村勘九郎
久世大和守:片岡亀蔵
三浦志摩守:市村竹松
青山伯耆守:大谷廣太郎
稲葉丹後守:中村隼人
秋元但馬守:中村吉之丞
伊丹備前守:片岡松之助
浅野摂津守:嵐橘三郎
酒井若狭守:澤村宗之助
井上河内守:松本錦吾
松平伊豆守:市川高麗蔵
幻の長吉:坂東彌十郎
渡し守甚兵衛:中村歌六

夜の部

「宮島のだんまり」
傾城浮舟太夫実は盗賊袈裟太郎:中村扇雀
大江広元:中村錦之助
典侍の局:市川高麗蔵
相模五郎:中村歌昇
本田景久:坂東巳之助
白拍子祇王:中村種之助
奴団平:中村隼人
息女照姫:中村鶴松
浅野弾正:中村吉之丞
御守殿おたき:中村歌女之丞
悪七兵衛景清:片岡亀蔵
河津三郎:市村萬次郎
平相国清盛:坂東彌十郎

「義経千本桜 吉野山」
佐藤忠信実は源九郎狐:中村勘九郎
早見藤太:坂東巳之助
静御前:坂東玉三郎

「助六曲輪初花桜」
花川戸助六:片岡仁左衛門
三浦屋揚巻:中村七之助
白酒売新兵衛:中村勘九郎
通人里暁:坂東彌十郎
若衆艶之丞:片岡亀蔵
朝顔仙平:坂東巳之助
三浦屋白玉:中村児太郎
福山かつぎ:片岡千之助
男伊達:市村竹松、大谷廣太郎、中村玉太郎、中村吉之丞
文使い番新白菊:中村歌女之丞
傾城八重衣:澤村宗之助
遣手お辰:中村竹三郎
くわんぺら門兵衛:中村又五郎
髭の意休:中村歌六
三浦屋女房:片岡秀太郎
曽我満江:坂東玉三郎

後見:片岡松之助

※初出時、出演者に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

無断転載禁止

ステージナタリーをフォロー