ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

能「善界」を能×現代演劇で展開「ハナタカ」、作・演出は林慎一郎

76

能×現代演劇 work#05「ハナタカ」。出演者と林慎一郎(下段中央)。

能×現代演劇 work#05「ハナタカ」。出演者と林慎一郎(下段中央)。

能×現代演劇 work#05「ハナタカ」が8月19・20日に大阪・山本能楽堂にて上演される。

「能×現代演劇 work」は、2016年より山本能楽堂が行っている、能に現代演劇の視点を取り入れた創作シリーズ。今回は、比叡山にやって来た中国の天狗の首領・善界坊が、さまざまな形で僧を誘惑するも最後は追い払われてしまうという、能「善界」をテーマにした作品が展開する。前半は半能、後半は現代演劇を上演となり、作・演出は過去4作品も手がけた極東退屈道場林慎一郎が担当する。

能×現代演劇 work#05「ハナタカ」

2018年8月19日(日)・20日(月)
大阪府 山本能楽堂

作・演出:林慎一郎

出演

現代演劇

岡部尚子、金子仁司、山田まさゆき、山本禎顕、吉井希

半能「善界」

シテ(善界坊):今村一夫
ワキ(比叡山飯室の僧正):岡充
笛:斉藤敦
小鼓:荒木健作(19日)、古田知英(20日)
大鼓:守家由訓
太鼓:中田弘美
地謡:山本章弘、梅若基徳、林本大、山本麗晃

ステージナタリーをフォロー