ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台「FGO」新作は「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」2019年に上演決定

9255

2017年に上演された「Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-」より。

2017年に上演された「Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-」より。

「Fate/Grand Order THE STAGE」新作の上演が決定。来年2019年1月に大阪・サンケイホールブリーゼ、東京・日本青年館ホールで公演が行われる。

これは、本日7月28日に千葉・幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホールにて開催されている「Fate/Grand Order Fes. 2018 ~3rd Anniversary~」で発表されたもの。新作公演では、紀元前2655年の古代メソポタミアを舞台とした「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」のエピソードが描かれる。

TYPE-MOONが手がける「Fate/Grand Order」は、未来が失われた世界でマスターとなったプレイヤーが、英霊(サーヴァント)を従えて過去へ遡り、聖杯探索(グランドオーダー)と呼ばれる旅に出るRPG。舞台版の「Fate/Grand Order THE STAGE」は、昨年17年7月に「-神聖円卓領域キャメロット-」、9月から10月にかけて「-神聖円卓領域キャメロット- Replica; Agateram」が上演され、脚本・演出を福山桜子、ベディヴィエール役を佐奈宏紀、藤丸立香役を佐伯亮と岡田恋奈、マシュ・キリエライト役をナナヲアカリが演じた。

「Fate/Grand Order THE STAGE」新作公演

2019年1月
大阪府 サンケイホールブリーゼ
東京都 日本青年館ホール

(c)TYPE-MOON/FGO STAGE PROJECT

ステージナタリーをフォロー