ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

溝口琢矢、石原壮馬らが幕末の大海へ「僕なりの未熟なジョン万次郎を」

1032

舞台「ジョン万次郎」出演者。左から山下聖菜、細貝圭、荒木宏文、溝口琢矢、石原壮馬、正木郁。

舞台「ジョン万次郎」出演者。左から山下聖菜、細貝圭、荒木宏文、溝口琢矢、石原壮馬、正木郁。

舞台「ジョン万次郎」が、本日6月14日に東京・EX THEATER ROPPONGIで開幕。これに先駆け、同日に囲み取材が行われた。

本作は、教科書には載らないような歴史上の出来事を面白く表現する「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」の第6弾。日本人として初めてアメリカ大陸に渡ったとされるジョン万次郎を中心とした物語が、2幕構成で展開する。14歳のときに太平洋で遭難し、無人島で助けを待っていた土佐の漁師の万次郎は、偶然通りかかったアメリカの捕鯨船に助けられた。しかし、鎖国中の日本には帰ることができず、そのままアメリカで暮らすことになり……。

囲み取材には、溝口琢矢荒木宏文石原壮馬正木郁山下聖菜細貝圭が登壇。タイトルロールのジョン万次郎役を務める溝口は「万次郎は周りの人に支えられた人物。彼がどういう成長を遂げるのか見ていただきたいです」と気合いをみなぎらせる。

1幕でアメリカ人の漁師・ジョリー、2幕では武市半平太を演じる荒木は、「この作品は1800年代の幕末に、海外と日本で何が起こっていたのかを知ることができる、まさに“もっと歴史を深く知りたくなる”作品です」と本作を紹介した。

万次郎と行動を共にする五右衛門役を演じる石原は、「万次郎の好奇心旺盛さを、五右衛門のキャラクターで引き立てたい」と目標を掲げる。同じく万次郎と行動を共にする、寅右衛門役の正木は「寅右衛門は万次郎と対称的に、わからないものに対して恐怖があります。その男がメリケンに行ったときに何が起こるか注目してください」とアピール。なお正木は、2幕では福沢諭吉役を務める。

続いて、万次郎たちを救出した捕鯨船のホイットフィールド船長役の細貝は、「当時まだ差別の強かった異国の地で、日本人の男の子を連れて帰るという勇気ある行動をとった彼の人生と、そんな逆境の中で万次郎と船長の2人が築いた信頼関係に注目してほしい」と見どころを挙げた。

そして、1幕ではキャサリン、2幕では鉄と、国籍の違う女性を演じ分ける山下は、「国も文化も違うので、男性の支え方もそれぞれ違います。その違いを、女性だからこそ伝えられた言葉を使って見せていけたら」と意気込みを語った。

最後に溝口は「未熟さと言うか、少年期と青年期をベースに、僕は僕なりのジョン万次郎をしっかりと演じたい」と宣言。続けて「僕らは全力で挑みますので、その勇姿をぜひ観に来てくださいと」と観客に呼びかけ、会見を締めくくった。上演時間は途中休憩15分を含む約2時間30分。公演は6月24日まで。

舞台「ジョン万次郎」

2018年6月14日(木)~24日(日)
東京都 EX THEATER ROPPONGI

原案:マーギー・プロイス(著)、金原瑞人(訳)「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」(集英社文庫)
脚本:鈴木哲也
脚本草案:金沢知樹
演出:大関真

キャスト

ジョン万次郎:溝口琢矢

武市半平太 / ジョリー:荒木宏文
五右衛門:石原壮馬
寅右衛門 / 福沢諭吉:正木郁
トム / 坂本龍馬:石賀和輝
キャサリン / 鉄:山下聖菜
ホイットフィールド船長:細貝圭
伝蔵 / 西郷隆盛:石井智也
イッチ / 徳川斉昭:井深克彦
ディヴィス / 井伊直弼:寿里
テリー / 岡田以蔵:輝山立
吉田東洋 / エイキン:鷲尾昇
島津斉彬 / アレン:武智健二

勝海舟 / バートレット:山崎樹範

吉田晃太郎、大穂恭平、赤石ノブ、安孫子宏輔、宮川連、坪田ヒロキ、秋山皓郎、渋谷渉大流、金聖香、上條沙恵子、塩見奈映、鈴木かぐや

(c)Based on “HEART OF A SAMURAI” by Margi Preus Japanese language theatrical live performance rights arranged with Margi Preus c/o Books Crossing Borders, New York through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo (c)Mizuhito Kanehara/Shueisha (c)「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会(テレビ朝日ミュージック ローソンHMVエンタテイメント)

ステージナタリーをフォロー