ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

本日開幕「希望のホシ2018」に緒月遠麻「希望を持ち帰って」

92

「希望のホシ2018」ゲネプロより。

「希望のホシ2018」ゲネプロより。

「希望のホシ2018」が本日6月13日に東京・あうるすぽっとで開幕。これに先駆け本日、同劇場で初日前囲み取材が行われた。

本作は2015年に初演された「希望のホシ」の続編。前回に続いて劇団LIVES主宰の大浜直樹が作・演出を務め、それぞれ異なる信念を持つ3人の刑事が難事件に挑む様子を、笑いを交えて描き出す。キャストには初演から続投となる刑事役の緒月遠麻池田努金児憲史のほか、新たに岩永ジョーイ野村宏伸が名を連ねた。

囲み取材には緒月、池田、金児、岩永、野村が出席。緒月は「3年ぶりに池田さん、金児さんとご一緒できること、新たに野村さん、ジョーイさんとこの作品に挑戦できることがすごく楽しみ」と期待を語る。再演に向けては「皆さんの期待が高まっているのでお応えしなきゃいけない」と真摯に述べつつ、「(期待に)お応えできる作品になっているので、存分に観ていただけたら」と自信をのぞかせた。

再演について池田は「野村さんが入られたことで、全然違う作品になったと思います。前回と大きく違うのは、今回は犯人役の野村さんを中心に物語が動いていくところ」と注目ポイントを語り、「すごく新鮮な気持ちでやれています」と心境を明かした。

池田が「この日のために厳しい稽古を積んできたので、無事に初日を迎えられてうれしい。作品に込められたメッセージを、みんなで力を合わせて届けたいと思います」と意気込むと、00年に行われた石原プロモーションによるオーディション「21世紀の石原裕次郎を探せ!」で池田と共に選抜された金児は、「池田さんのおっしゃる通りです」と簡潔に答えて会場の笑いを誘う。さらに金児は「前回からの3年間で、再登場の緒月さん、池田、僕もいろいろ変わっているはず。前回観てくださった方にはその成長を見せられたら」と気合十分に語った。

初参加となる野村は「素敵な作品です。観に来てくださったお客さんに、作品のタイトル通り希望や夢を感じてもらえたら」とアピール。犯人役を演じることについては、「刑事さんたちと絡みながら物語を進めていきます。いい意味で観客を裏切るような場面があって、楽しんでいただけると思う」と期待を煽った。

同じく初出演の岩永は、「初めて石原プロの先輩方とご一緒させていただきます。緊張感を持ってがんばりたい」とやや硬い面持ちでコメントする。「先輩俳優から“洗礼”を受けたか」と問われると、岩永は「圧倒的に金児さんが怖いんですが……(笑)」と冗談を飛ばしながら「先輩方にいじられるのが楽しい。こう言われたらこう返そうかな、と毎日考えています」と笑顔を見せる。続けて「どうお芝居をすれば先輩方に認めていただけるかを毎晩考えていました。せっかく先輩とご一緒するので胸をお借りしたいなと」と意気込んだ。

金児は岩永のネクタイを示し、「(岩永の)衣装のネクタイ、僕のなんです。でも『お前、いいネクタイしてんなー』と僕が言ったら、『そんなに気に入ってないんですけどね(笑)』って。僕のこと怖いとか言うわりにどうなんですか、それは!?」とエピソードを明かしつつ指摘する。これを受け、岩永は「そんなことが言えるほど、濃い時間を過ごさせていただいたということで……」と苦笑いで返し、記者たちを笑いで包んだ。

最後に緒月が、出席者を代表して挨拶。緒月は「『希望のホシ』というタイトル通り、作品を観てくださった皆さんに希望を持ち帰っていただけるよう、役者一同努めます。どうぞ観にいらしてください」とメッセージを送り、取材は終了した。

上演時間は休憩なしの2時間を予定。なお会場では“希望のメモ帳”“希望のブロマイド”など、作品にちなんだグッズが販売される。公演は6月17日まで。

「希望のホシ2018」

2018年6月13日(水)~17日(日)
東京都 あうるすぽっと

作・演出:大浜直樹
出演:緒月遠麻池田努金児憲史岩永ジョーイ / 野村宏伸 / ちか、高畠麻奈、安島萌、木村つかさ、雛形羽衣、印南雅子、指出麻琴、石橋政人、登守英生、雑賀克郎古澤光徳木村圭吾、南野真一郎、水鳥皓太、下出宗次郎

ステージナタリーをフォロー