ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「クグツ流離譚」流浪の芸人クグツをモチーフに“共同”と“無縁”問う

13

玉城大祐が作・演出を手がける「クグツ流離譚」が、7月12日から16日まで東京・アトリエ春風舎で上演される。

本作は、玉城が昨年2017年に「フェスティバル/トーキョー17」内のプログラム「実験と対話の劇場ー新しい人/出来事の演劇」で披露した、「その把駐力で」に続くシリーズ新作。流浪の芸人・クグツをモチーフに、現代における人々の“共同”と“無縁”を問う。

玉城は11年より京都のライブハウスを中心に活動。15年より拠点を東京および劇場に移し、16年から今年18年まで東京・こまばアゴラ劇場のプログラムオフィサーを務めた。

玉城企画「クグツ流離譚」

2018年7月12日(木)~16日(月・祝)
東京都 アトリエ春風舎

作・演出:玉城大祐
出演:中藤奨、横田僚平、南風盛もえ

ステージナタリーをフォロー