ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「フィデリオ」カタリーナ・ワーグナーが新制作の構想明かす「示唆ある結末に」

94

カタリーナ・ワーグナー

カタリーナ・ワーグナー

5月20日に東京・新国立劇場 オペラパレスで開幕するオペラ「フィデリオ」。昨日5月16日に同作の記者懇談会が行われ、演出を手がけるカタリーナ・ワーグナーが取材に応じた。

男装した妻レオノーレが、不当に監禁された夫を救い出すまでを描いた「フィデリオ」は、ベートーヴェンによる唯一のオペラ作品。リヒャルト・ワーグナーのひ孫で現バイロイト音楽祭総監督であるカタリーナが演出を、新国立劇場現オペラ芸術監督の飯守泰次郎が指揮を務める。出演者には、フロレスタン役にステファン・グールド、レオノーレ役にリカルダ・メルベート、ドン・ピツァロ役にミヒャエル・クプファー=ラデツキーが名を連ねた。なお本作は新国立劇場開場20周年を記念して新制作され、さらに飯守の芸術監督任期を締めくくる作品となる。

ドラマトゥルクのダニエル・ウェーバーと共に記者たちの前に現れたカタリーナは、身振り手振りを交えながら朗らかな表情で記者たちの質問に答える。まずカタリーナは「フィデリオ」を「人間がこれまでにも持ってきたし、未来にも持ち続けるであろう普遍的な要素を多数持つ、時代を感じさせない作品」と紹介し、今作では特定の時代を感じさせないような演出を施すと構想を明かす。そしてプロットの展開上必要な部分のみを残してセリフを大幅にカットし、対話の場面をコンパクトに仕上げ、物語の展開を推し進めると言う。

さらに先週鑑賞した歌舞伎から、変装や早替りのヒントを得たことを明かし、「『フィデリオ』に登場するレオノーレの“変装”と“男装を解く”シーンは、まさに重要なポイント。私たちはこの場面に積極的に取り組んでいます」とコメント。「これはネタバレになってしまうのですが……」と前置きしながら「レオノーレが男性になる場面を、実際に皆さんに見せる演出になっています。私たちがドラマツルギー上必要なプロセスだと思っているからです」と演出プランの一部を披露した。

続けて“自由”の概念が本作で重要な役割を果たしていると語り、「この作品が作られた時代に“自由”がどう捉えられていたかは、重要なテーマの1つ。そして今、日本に限ったことではなく、政治的にいろいろな状況が私たちを取り巻いていて、権力に対しては闘っても無力だと思い知らされるだけ、という部分があると思っています。そういったにどうするかは、観客の方1人ひとりに考えていただくしか無いですが、この作品は誰にとっても示唆となるポイントがある結末になると思います」と自信を覗かせる。

なお本作の見どころについては、「レオノーレのアリアもフロレスタのアリアも素晴らしいですが……」と前置きしながら、自身がもともと好きだと言う合唱のシーンを挙げた。「特に親近感が増したのは、新国立劇場の合唱団があまりにも素晴らしいからです」と頬をほころばせ、さらに同劇場について「劇場自体に『このプロダクションを送り出したい』という強い気持ちがあるか否かは、とても大事。新国立劇場は、スタッフの皆さんが高度にプロフェッショナルなお仕事をする素晴らしいチーム」と賞賛し、「最高の環境で仕事をさせてもらっています」と笑顔を見せた。

最後に「フィデリオ」への情熱を記者から尋ねられると「個人的に感じるものがない作品は演出しません。作品として好きでも、自分がその作品を舞台で実現できるイメージが持てない作品もあるからです。舞台を自分のイメージで埋め尽くすことができる作品だけを取り上げるようにしています」と回答。「大切なのは作品に対して個人的な繋がりや情熱を持てるか、それが一番重要だと思います。お客様がイメージを膨らませられるように作品を演出するのと同じことです。これはバイロイト音楽祭にお招きする演出家にも、同じことを思っています。重要なのは熱を持って取り組んでいただけるかです」と持論を述べ、取材会を締めくくった。

公演は5月20日、24日、27日、30日、6月2日に新国立劇場 オペラパレスにて。

2017 / 2018シーズン 新国立劇場 開場20周年記念特別公演 オペラ「フィデリオ」/ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

2018年5月20日(日)・24日(木)・27日(日)・30日(水)・6月2日(土)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
台本:ヨーゼフ・フォン・ゾンライトナー、シュテファン・フォン・ブロイニング、ゲオルク・フリードリヒ・トライチュケ
指揮:飯守泰次郎
演出:カタリーナ・ワーグナー

キャスト

ドン・フェルナンド:黒田博
ドン・ピツァロ:ミヒャエル・クプファー=ラデツキー
フロレスタン:ステファン・グールド
レオノーレ:リカルダ・メルベート
ロッコ:妻屋秀和
マルツェリーネ:石橋栄実
ジャキーノ:鈴木准
囚人1:片寄純也
囚人2:大沼徹

ステージナタリーをフォロー