ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「信長の野望」稽古を公開、鶏冠井孝介「人間ドラマとして観て欲しい」

301

舞台「信長の野望・大志-春の陣-天下布武~金泥の首編~」公開稽古より。左から鶏冠井孝介、田中れいな、彦摩呂。

舞台「信長の野望・大志-春の陣-天下布武~金泥の首編~」公開稽古より。左から鶏冠井孝介、田中れいな、彦摩呂。

舞台「信長の野望・大志-春の陣-天下布武~金泥の首編~」の公開稽古が、昨日5月8日に東京都内で行われた。

本作は、2017年にコーエーテクモゲームスから発売されたゲーム「信長の野望・大志」を原作とし、脚本・演出を久保田唱が手がける作品。“対浅井・朝倉戦線”を舞台に、戦国武将たちの生き様が描かれ、天下統一を目指す織田家を中心とした“SIDE 織田”と、対立関係にある浅井家を軸とした“SIDE 浅井”双方の視点から描かれる2つのストーリーが回替わりで上演される。

稽古終了後にはキャストを代表して鶏冠井孝介田中れいな彦摩呂が取材に応じた。舞台オリジナルキャラクターとして、茶人・今井宗久役を演じる彦摩呂は、本作の見どころについて「戦国時代、織田信長と言うと、時代劇の王道の設定だけど、この舞台にはゲームを原作としている、普通の時代劇とは違うおもしろさがあるんです。織田信長と浅井長政それぞれの物語、歴史的な事実だけではない筋書きが用意されているスリル、それがこの舞台の魅力です」と語る。そして自身の役どころについて「ストーリーテラーなので、長いセリフが多くて苦労しています」と述べつつ「お客様を『信長の野望』の世界に引き込めるようにがんばりますよ!」意気込んだ。

信長の妹であり、浅井長政の妻であるお市役を務める田中は「私はこの舞台で唯一、歌を歌う役なので、やっぱり歌のシーンは気合いが入ります。戦乱の世を癒す歌を歌うという設定なので、気持ちを入れて歌いたいです」と気合十分な様子。「正直言って、私は全然歴史にはくわしくないのですが、この舞台をやらせていただいて、それぞれの登場人物の思いが伝わってきて、本当に感動しています」と話した田中は「私のように、今まで歴史に縁がなかった人でも、きっと楽しんでもらえると思います」とアピールした。

そして最後に信長役のは鶏冠井は、本作について「人間ドラマとして観て欲しい」と明かしつつ「ゲームを原作にした、選択肢のあるストーリーがこの舞台の魅力だと思います。“SIDE 織田”、“SIDE 浅井”と、対立する両方からの目線でストーリーが描かれているので、すごく深みのある人間ドラマをお見せできると思います。今まで時代劇は観たことがないという人にもオススメです」と観客に向けてメッセージを送った。公演は5月17日から27日まで東京・CBGKシブゲキ!!にて。

舞台「信長の野望・大志-春の陣-天下布武~金泥の首編~」

2018年5月17日(木)~27日(日)
東京都 CBGKシブゲキ!!

原作:コーエーテクモゲームス
脚本・演出:久保田唱

キャスト

織田信長:鶏冠井孝介
お市:田中れいな
明智光秀:谷佳樹
木下秀吉:後藤健流
竹中半兵衛:黒貴
徳川家康:竹石悟朗
浅井長政:小西成弥
八重の方:成瀬瑛美(SIDE 浅井) / 水城夢子(SIDE 織田)
朝倉義景:幸村吉也
今井宗久:彦摩呂

前田利家:八巻貴紀
柴田勝家:鵜飼主水
佐久間信盛:岡田隆之介
蜂須賀小六:田中しげ美
森可成:七枝実
丹羽長秀:中村ヒロユキ
帰蝶:高宗歩未
瞼:香音有希

酒井忠次:大海将一郎
石川数正:石渡真修
ねね:大鳥れい
井伊直虎:緒月遠麻

赤尾清綱:吉田宗洋
海北綱親:仲井真徹
遠藤直経:福場俊策
茶々:野口真緒
足利義昭:加藤凛太郎
お橋:笹木香利

お焦:荒澤守
糸:柴崎咲子

(c)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

ステージナタリーをフォロー