ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

藤山扇治郎&北翔海莉ら「蘭」初日に鏡開き「この楽しさが皆様にも伝わるように」

492

「蘭 ~緒方洪庵 浪華の事件帳~」初日劇場前イベントの様子。左から神保悟志、石倉三郎、藤山扇治郎、北翔海莉、久本雅美。

「蘭 ~緒方洪庵 浪華の事件帳~」初日劇場前イベントの様子。左から神保悟志、石倉三郎、藤山扇治郎、北翔海莉、久本雅美。

「蘭 ~緒方洪庵 浪華の事件帳~」が昨日5月6日に大阪・大阪松竹座にて初日を迎え、開幕前には初日劇場前イベントとして出演者による鏡開きが行われた。

大勢の観客が集まる中、扮装姿の藤山扇治郎北翔海莉石倉三郎久本雅美神保悟志が劇場前に登場すると、観客からは大きな拍手と声援が沸き起こる。主演を務める、若き日の緒方洪庵(緒方章)役の扇治郎は、「本日はお集りいただきましてありがとうございます。千秋楽まで応援よろしくお願いいたします」と挨拶した。

続けて、在天の姫で剣の達人、東儀左近を演じる北翔が「皆さんこんにちは!」と挨拶すると、観客からは「待ってました!」「みっちゃん(北翔の愛称)おかえりー!」の声が。北翔は「憧れの松竹座の舞台に立てることを本当に楽しみにしていました。この楽しさが皆様にも伝わるようにがんばります」と宣言し、観客の声に応えた。

章が学ぶ思々斎塾の塾長・中天游役の石倉は「このよき日に、こんなに集まっていただいてけっこうけっこう。これほど面白い芝居はございません。ぜひ皆様、観に来てください」とコメント。天游の妻で女医のお定を演じる久本は、観客からの「かわいいー!」の声に「あとで1万円ずつ渡します!」と笑顔で返し、さらに「素晴らしいキャスト、スタッフに囲まれた、面白い舞台です。よろちくび!」と作品をアピール。会場を笑いで包む。

最後に山城屋忠兵衛役の神保が、「憧れの松竹座に立てること、感激しています。何回でも観に来てください」と挨拶したのち、石倉の音頭による一本締めで初日イベントは締めくくられた。

「蘭 ~緒方洪庵 浪華の事件帳~」は、築山桂の小説「禁書売り」「北前船始末」を原作とした痛快娯楽時代劇。演出を錦織一清が手がけ、出演には扇治郎、北翔、石倉、久本、神保のほか、荒木宏文上田堪大佐藤永典らが名を連ねている。大阪公演は5月13日まで。その後、5月16日から20日まで東京・新橋演舞場にて公演を行う。

「蘭 ~緒方洪庵 浪華の事件帳~」

2018年5月6日(日)~13日(日)
大阪府 大阪松竹座

2018年5月16日(水)~20日(日)
東京都 新橋演舞場

原作:築山桂「禁書売り」「北前船始末」(双葉文庫)より
脚本:松田健次
演出:錦織一清
音楽:岸田敏志

キャスト

緒方章:藤山扇治郎

楽人の姫 東儀左近:北翔海莉

楽人 若狭:荒木宏文
天游息子 耕介:上田堪大
瓦版屋三吉実は隠密同心 桂木一郎:佐藤永典

神道者の娘 おあき:宮嶋麻衣
思々斎塾手伝い トラ:高倉百合子
本屋 加島屋:ゆーとぴあ・ピース

手先の半治:渋谷天笑
同心 新井幸次郎:丹羽貞仁
北前船の船頭頭 卯之助:笠原章

本屋仲間行司衆 山城屋忠兵衛:神保悟志

天游の妻・町医 お定:久本雅美

思々斎塾主宰 中天游:石倉三郎

ステージナタリーをフォロー