ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

宮崎県立芸術劇場「三文オペラ」ついに上演、永山智行「もう一度、はじめて生まれる」

82

永山智行演出「三文オペラ」が、6月22日から24日まで宮崎・メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)の演劇ホール舞台上舞台で上演される。

本作は、同劇場が2008年から取り組んできた、世界各国の古典戯曲をガイドブックに人類史をたどるシリーズ企画「演劇・時空の旅」の最後を飾る作品。ベルトルト・ブレヒトの「三文オペラ」を、九州にゆかりのある俳優と永山の演出で立ち上げる。当初は16年に公演が予定されていたが、権利関係で急遽上演が中止に。このたび待望の上演を果たす。

上演に際し永山はチラシの中で「2016年2月、この作品は生まれなかった。たくさんの方にご心配やご迷惑をかけた。そして同じくらいにたくさんの方から励ましの言葉をいただいた。お詫びと感謝の気持ちはいまも決して消えることはない」と感慨を語り、「そして今年、たくさんの方の支えのおかげで、この『三文オペラ』はもう一度、はじめて生まれる」とコメントを寄せている。

悪党で女たらしの窃盗団のボス・メッキースは、突然、乞食商売の元締めピーチャムの一人娘ポリーとこっそり結婚式を挙げてしまう。腹を立てたピーチャムは、警察を使いメッキースを捕える計画を立てて……。出演者にはブルーエゴナクの穴迫信一、劇団ヒロシ軍の荒木宏志、こふく劇場のかみもと千春、劇団千年王國の榮田佳子、KAKUTAの多田香織らが名を連ねている。

宮崎県立芸術劇場自主制作公演「演劇・時空の旅」シリーズ#8「三文オペラ」

2018年6月22日(金)~24日(日)
宮崎県 メディキット県民文化センター 演劇ホール舞台上舞台

作:ベルトルト・ブレヒト
訳:谷川道子
音楽:クルト・ヴァイル
演出:永山智行
出演:穴迫信一荒木宏志、かみもと千春、榮田佳子、多田香織、手島曜、橋本隆佑、森タカコ、神水流じん子、伊藤海 ほか

ステージナタリーをフォロー