ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

てがみ座「海越えの花たち」は、在韓日本人妻の収容施設・慶州ナザレ園が舞台

68

6月に上演されるてがみ座「海越えの花たち」のチラシビジュアルと作品内容が本日公開された。

チラシ裏面には「在韓日本人妻たちの収容施設『慶州ナザレ園』をモチーフに、半島の土に『日本人』として還っていく人々の軌跡を描く物語」と作品の内容が紹介されている。

演出を木野花が担当。キャストにはてがみ座の石村みか箱田暁史、岸野健太、実近順次のほか、KAKUTAの桑原裕子内田慈、FUKAIPRODUCE羽衣の日高啓介西山水木中西良太半海一晃が名を連ねている。公演は6月20日から26日まで、東京・紀伊國屋ホールにて。チケットは5月14日に販売を開始。

てがみ座「海越えの花たち」

2018年6月20日(水)~26日(火)
東京都 紀伊國屋ホール

脚本:長田育恵
演出:木野花
出演:石村みか箱田暁史、岸野健太、実近順次 / 桑原裕子内田慈日高啓介西山水木中西良太半海一晃

※日高啓介の「高」ははしご高が正式表記。

ステージナタリーをフォロー