ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「Romale」開幕、松下優也が花總カルメンへの狂おしい愛を表現

848

ミュージカル「Romale(ロマーレ)~ロマを生き抜いた女 カルメン~」公開ゲネプロより。花總まり演じるカルメン。

ミュージカル「Romale(ロマーレ)~ロマを生き抜いた女 カルメン~」公開ゲネプロより。花總まり演じるカルメン。

本日3月23日、ミュージカル「Romale(ロマーレ)~ロマを生き抜いた女 カルメン~」が東京・東京芸術劇場 プレイハウスで開幕。初日に先駆け昨日22日、同劇場で公開ゲネプロが行われた。

謝珠栄が演出・振付を手がける本作は、メリメの小説「カルメン」を原作としたミュージカル。今作では、謝が主宰するTSミュージカルファンデーションで2008年に上演された「Calli(カリィ)~炎の女カルメン~」をもとに、台本と音楽を一新したバージョンとして上演される。花總まりがカルメン役で主演を務め、彼女に恋する衛兵のホセを松下優也、ホセの上司スニーガを伊礼彼方、カルメンの夫ガルシアをKENTAROが演じるほか、太田基裕福井晶一団時朗らがキャスティングされている。

舞台は1830年のスペイン・セビリア。敬虔なキリスト教徒で、過去の過ちから立ち直るために規律を忠実に守っていた衛兵・ホセは、ある日、自由奔放で妖艶なロマ族の女工・カルメンと恋に落ちる。「私って女はきっとあんたを不幸にする」というカルメンの言葉も聞かず、彼女に溺れるホセ。彼は上司やカルメンの夫、イギリス貴族・ローレンス(太田)ら、カルメンと関係する男たちへの嫉妬を燃やし、次々に罪を犯していく。

スペインの荒れ地をイメージした階段状の舞台装置の上で、一洸、神谷直樹、千田真司中塚皓平、宮垣祐也の扮する登場人物たちが、伸びやかなダンスやアクロバットを披露し、物語を彩る。また劇中では、バイオリンやギターで奏でられるスパニッシュな楽曲群が、俳優たちの手拍子と共にドラマチックに奏でられる。なお本作のストーリーは、カルメンの足跡をたどるフランス人の学者・ジャン(福井)に、とある老人(団)が彼女の人生を語り聞かせる形で進行。老人の話からジャンが導き出す、カルメンの真実の姿に注目だ。

妖しい魅力のカルメンを演じる花總は、スカートを翻しながら華麗にフラメンコダンスを披露して観客を魅了。また凛とした佇まいで、ロマとして生きるカルメンの芯の強さを表現する。カルメンへの狂おしい愛に苦しむホセ役の松下は、初めは自身の感情に戸惑いながらも、次第に恋にのめり込み、ついには人を手にかけていく様を熱演した。さらに伊礼、KENTARO、太田は、カルメンに執着する個性的な男たちをそれぞれ貫禄たっぷりに演じ、物語を盛り上げた。

上演時間は途中休憩ありの2時間35分を予定。東京公演が4月8日まで行われたのち、4月11日から21日まで大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで上演される。

ミュージカル「Romale(ロマーレ)~ロマを生き抜いた女 カルメン~」

2018年3月23日(金)~4月8日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2018年4月11日(水)~21日(土)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

演出・振付:謝珠栄
原作:小手伸也
台本・作詞:高橋知伽江
音楽監督・作曲:玉麻尚一
作曲:斉藤恒芳、小澤時史

出演:花總まり / 松下優也 / 伊礼彼方KENTARO太田基裕 / 福井晶一団時朗 / 一洸、神谷直樹、千田真司中塚皓平、宮垣祐也

ステージナタリーをフォロー