ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「恋するヴァンパイア」開幕、A.B.C-Z戸塚祥太「仕上がりは2000%」

1331

ミュージカル「恋する▽ヴァンパイア」囲み取材より、左から京本大我(ジャニーズJr. / SixTONES)、戸塚祥太(A.B.C-Z)、樋口日奈(乃木坂46)。

ミュージカル「恋する▽ヴァンパイア」囲み取材より、左から京本大我(ジャニーズJr. / SixTONES)、戸塚祥太(A.B.C-Z)、樋口日奈(乃木坂46)。

ミュージカル「恋する▽ヴァンパイア」が、本日3月9日に東京・天王洲 銀河劇場で開幕。これに先駆けて囲み取材と公開ゲネプロが行われた。

「恋する▽ヴァンパイア」は、ヴァンパイアと人間の許されない恋を描く物語。2015年の映画版ではヴァンパイアのヒロイン・キイラと人間の青年・哲の恋模様が描かれたが、児玉明子が演出を手がける今回のミュージカル版では、哲がヴァンパイア、キイラが人間という設定で上演される。

囲み取材にはキャストから戸塚祥太(A.B.C-Z)、樋口日奈(乃木坂46)、京本大我(SixTONES / ジャニーズJr.)が登壇。主人公の哲役を演じる戸塚は「1カ月近く稽古してきたので、幕が上がるのが楽しみです。最高の恋のミュージカルになっていると思います」と自信をのぞかせる。

哲のライバルであるハルト役を演じる京本は「尊敬する大好きな戸塚くんの舞台に出させていただく貴重な機会なので、稽古でたくさん学ばせていただきました。ステージ上ではライバルではありますが、学べるところはしっかり学んで務めていきたいと思います」と意気込みを語った。ヒロイン・キイラ役の樋口は「今日までたくさん稽古を重ねてきて、皆さんとより絆が深まったと思うので、あとは千秋楽まで楽しみたいと思います」と笑顔を見せた。

記者から本作の見どころを尋ねられた戸塚は「ヴァンパイアの世界と人間の世界が入り混じったファンタジックな世界ですが、その中でのキイラちゃんと哲くんの“ラブ事情”ですね。そこに京本大我が演じるハルトがどう絡んでくるのか? という三角関係に注目してほしいです」と答える。

京本は本作について「見どころはたくさんあるんですけれども、ヴァンパイアの学校が出てきたり、胸キュンなラブコメディ要素があったり、入り込みやすい世界観です。僕が出ていないシーンでも、キュンとして思わず涙してしまうようなところがあります。まばたきせずに観てもらいたいぐらいです」と述べると、樋口が続けて「ヴァンパイアの能力とか、人間界ではありえない現象を舞台でどうやって表現しているか、というのを楽しんでもらえたらと思います」と呼びかけた。

製作記者発表時に減力を宣言していた戸塚が「体重は落としたのですが、何か違うなと思い、戻しました(笑)。7、8キロ落として、7、8キロ戻しました」と話すと、京本から「よく戻せましたね!」とツッコミが入る。これに対して戸塚は「ロバート・デ・ニーロです!」と会場の笑いを誘いつつ、体重の増やし方について「ヴァンパイア役なので、牛肉や赤ワインなど、とにかく赤いものを食べました」と付け加えた。

また製作記者発表時に筋肉を付ける目標を語っていた京本は「思ったような体にはなりませんでしたが、いつものヘナチョコな京本大我に比べたら、だいぶカッコつけてやれてるんじゃないかなと思います。ハルトを通してカッコいい京本大我を見せつけたいです」と力強く宣言。そんな京本について戸塚は「劇中でハルトのソロナンバーがあるのですが、通し(稽古)を観ていて、『もうミュージカル界のスターだな』と思いました」と絶賛すると、京本は「いやいや、待ってください! それ言われたらできなくなりますよ!」と恐縮し、会見場は笑いで包まれた。

本作がミュージカル初挑戦となる戸塚は「乗り越えなきゃいけない壁もあったんですが、自分を映画『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングだと思い込んでやっていきます」と笑いを交えて述べる。京本が「戸塚くんには昨日の稽古最終日にジャージをいただきました」とエピソードを明かすと、戸塚は「急に『ジャージください!』って言われて、『お、おう』ってなって……」と返す。京本は「おねだりしちゃって……今日もそれを着て稽古していたんで、戸塚くんのパワーをもらいつつ、初日に挑めそうです」と笑顔で語った。

また樋口は今回、ギターに初挑戦する。劇中での弾き語りシーンについて「ギターを弾くのってこんなに難しいんだって思いました。戸塚さん、京本さんにも難しいコードを教えてもらったり、ストロークをアドバイスしていただきました」とコメントした。

作品の仕上がりについて、戸塚は「2000%です! そのぐらいの気持ちが出ちゃってます。もし僕に何かあったら、あとは大我が……」と話すと、京本は「戸塚くんについていこうと思ってたんで、そこは一緒にがんばりましょう!」と切り返す。最後に戸塚は「多くの人に楽しんでいただけるラブコメです。この恋するパワーで日本全国を盛り上げていきたいと思います。初日、がんばるぞ!」と気合いを入れ、取材を締めくくった。

ゲネプロは、ヴァンパイアの生徒たちが通う“ヴァンパイアハイスクール”の場面からスタート。成績の悪い哲は、理事長室に呼び出され、そこで目にした肖像画の美しい女性に恋をする。学校の卒業試験として、肖像画にそっくりの女性を探し出した者が、首席を獲得できると発表されると、生徒たちは人間界へ向かい……。

戸塚はヴァンパイアでありながら人を襲えないほど心優しい哲を繊細な演技で表現する。一方の京本は理事長の息子でエリートのハルトをスマートに魅せ、樋口は可憐で明るい人間の女性・キイラをフレッシュに演じた。

さらにジョセフ役の和田泰右、アーロン役の高岡裕貴、タイガー役の関根慶祐、太郎役の皇希は個性豊かな生徒たちをコミカルに演じ、脇を固める。哲たちの担任教師・サニー役の新田恵海、理事長・デレック役の東山義久らも好演し、ヴァンパイアの世界観を色濃くした。

上演時間は途中休憩15分を含む約2時間。本作は3月11日まで東京・天王洲 銀河劇場、3月16日に広島・JMSアステールプラザ、3月23日から25日まで大阪・森ノ宮ピロティホールと巡演する。さらに3月28日から4月1日までは天王洲 銀河劇場で東京凱旋公演が行われる。

※初出時、本文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

ミュージカル「恋する▽ヴァンパイア」

2018年3月9日(金)~11日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

2018年3月16日(金)
広島県 JMSアステールプラザ

2018年3月23日(金)~25日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

2018年3月28日(水)~4月1日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

演出:児玉明子

キャスト

哲:戸塚祥太(A.B.C-Z)
キイラ:樋口日奈(乃木坂46)
ハルト:京本大我(ジャニーズJr. / SixTONES)

ジョセフ:和田泰右
アーロン:高岡裕貴
タイガー:関根慶祐
太郎:皇希

サニー:新田恵海菊地美香(Wキャスト)
まりあ:小野妃香里
力彦:鎌田誠樹

デレック:東山義久

※▽はハートマークが正式表記。

ステージナタリーをフォロー