ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

内藤裕敬「二十世紀の退屈男」開幕、「モロはだめなんだよ、モロは…」

216

現代演劇レトロスペクティヴ AI・HALL+内藤裕敬「二十世紀の退屈男」ゲネプロより。(撮影:谷古宇正彦)

現代演劇レトロスペクティヴ AI・HALL+内藤裕敬「二十世紀の退屈男」ゲネプロより。(撮影:谷古宇正彦)

現代演劇レトロスペクティヴ AI・HALL+内藤裕敬「二十世紀の退屈男」が、本日2月22日に兵庫のAI・HALLで開幕した。

時代を画した作品を、関西を中心に活動する演劇人が上演する企画「現代演劇レトロスペクティヴ」。今回は1987年の初演以来、92年、04年と再演が重ねられている「二十世紀の退屈男」を新演出で上演する。オーディションで選ばれた18名の若手キャストが、6畳一間の部屋に暮らす青年の孤独と青春を、肉体を用いてパワフルに立ち上げる。

作・演出を手がける内藤裕敬は、開幕に向けてのコメント内で「決して出してはいけない! 絶対に出すなよ! と、何度、稽古場で指示したことか。だけど……、出ちゃったかも知れない。いや、出てないと信じたい」と、劇中に登場する銭湯のシーンについて言及している。上演時間は約90分。公演は2月26日まで。

内藤裕敬コメント

決して出してはいけない! 絶対に出すなよ! と、何度、稽古場で指示したことか。
だけど……、出ちゃったかも知れない。いや、出てないと信じたい。皆で銭湯に入るシーンがあるんですよ。あっ! 今、ちょっと見えた?! ぐらいだとお客さん大爆笑なんだけど、モロはだめなんだよ、モロは……。

現代演劇レトロスペクティヴ AI・HALL+内藤裕敬「二十世紀の退屈男」

2018年2月22日(木)~26日(月)
兵庫県 AI・HALL

作・演出:内藤裕敬
出演(五十音順):足達菜野、伊藤晃、井上雅貴、往西遼河、小笠原愛子、香川由依、笠河英雄、是常祐美、こんどうちひろ、西藤将人、笹野美由紀、里谷昌洋、長尾淳史、長尾ジョージ、まえかつと、山本知志、油利春香、和田遥奈

ステージナタリーをフォロー