ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

目黒蓮が初日前に涙!?もっと歴史シリーズ「桃山ビート・トライブ」開幕

289

舞台「桃山ビート・トライブ」が、11月23日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて開幕した。

天野純希の同名小説を原作とした本作は、教科書には載らないような歴史上の出来事を面白く表現する「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」の第5弾。安土桃山時代を舞台に、4人の若者が音楽を武器に世に立ち向かう姿が描かれ、脚本を金沢知樹、演出を大関真が手がける。

W主演を務めるのは、宇宙Six / ジャニーズJr.の山本亮太目黒蓮。山本は、天下一の三味線弾きを目指す藤次郎役を、目黒は笛役者の小平太役を演じ、男勝りでけんかの強い舞姫・ちほ役を元FlowerのElina、織田信長の従者だった太鼓叩き・弥介役を副島淳が務める。このほか出演者には山本匠馬、新垣里沙、石井智也、寿里、井深克彦、武智健二、星野真里、MADE / ジャニーズJr.の冨岡健翔、奥谷知弘、北代高士、佐野瑞樹山崎樹範が名を連ねた。

初日に先駆けて行われた囲み取材には山本、目黒らキャスト陣が出席。初のW主演に意気込むあまり、稽古の最終日に涙してしまったという目黒が「今も泣きそう」と瞳を潤ませると、これを見ていた山崎がすかさず「まだ初日の幕が開いてないのに泣くなんて前代未聞だよ! お客さんを泣かせるのが俺たちの仕事だからね!?」とツッコミを入れ、場を和ませる。また目黒と共に主演を務める山本は「千秋楽まで全力疾走していくので、よろしくお願いします!」と元気いっぱいに挨拶。最後は、本作のキャッチフレーズである「いざ傾かん!」の一声で取材を締めくくった。公演は12月3日まで。

舞台「桃山ビート・トライブ」

2017年11月23日(木・祝)~12月3日(日)
東京都 EX THEATER ROPPONGI

原作:天野純希「桃山ビート・トライブ」(集英社文庫刊)
脚本:金沢知樹
演出:大関真
出演:山本亮太(宇宙Six / ジャニーズJr.)、目黒蓮(宇宙Six / ジャニーズJr.)、Elina、副島淳山本匠馬、新垣里沙、石井智也、寿里、井深克彦、武智健二、星野真里、冨岡健翔(MADE / ジャニーズJr.)、奥谷知弘、北代高士、佐野瑞樹山崎樹範 ほか

(c)天野純希/集英社 (c)「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会(テレビ朝日ミュージック ローソンチケット)

ステージナタリーをフォロー