ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「出てこようとしてるトロンプルイユ」明日開幕、上田誠「絵を見るような気分で」

406

ヨーロッパ企画 第36回公演公演「出てこようとしてるトロンプルイユ」より。(撮影:清水俊洋)

ヨーロッパ企画 第36回公演公演「出てこようとしてるトロンプルイユ」より。(撮影:清水俊洋)

ヨーロッパ企画の新作「出てこようとしてるトロンプルイユ」がプレビュー公演を経て、明日10月6日に京都・京都府立文化芸術会館にて開幕する。

だまし絵をめぐる“だまし絵コメディ”と銘打たれた本作。第61回岸田國士戯曲賞を受賞した「来てけつかるべき新世界」以来のヨーロッパ企画の本公演で、作・演出を上田誠、音楽を元たまの滝本晃司が担当している。

上演に際し主宰の上田は、「旅行するような、あるいは絵を見るような気分でご来場いただけたら」と来場を呼びかけている。公演は、10月9日まで京都府立文化芸術会館で行われたのち、10月14日に高知・高知県立県民文化ホール グリーンホール、10月20日から29日まで東京・本多劇場、11月1日から8日まで大阪・ABCホール、11月11日に愛媛・松山市民会館 中ホール、11月16日から19日まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ、11月23日に愛知・愛知県産業労働センター ウインクあいち、11月28日に広島・JMSアステールプラザ 中ホール、11月30日・12月1日に福岡・西鉄ホール、12月3日に三重・四日市市文化会館 第2ホールにて行われる。

上田誠コメント

前回は大阪・新世界を舞台にした少し未来の話でしたが、
今回は1930年ごろのパリの話です。
そして芸術と芸術家をめぐる話です。
パリっ子を演じるのはなかなか厳しかったです。
のでフランス人じゃない人たちも結構出てきます。
まあそういうホットな時代だったみたいで。
そんな中で光の当たらなかった『だまし絵』に光をあてます。
旅行するような、あるいは絵を見るような気分でご来場いただけたら。

ヨーロッパ企画 第36回公演公演「出てこようとしてるトロンプルイユ」

2017年9月30日(土)
滋賀県 栗東芸術文化会館さきら 中ホール(※プレビュー公演、公演終了)

2017年10月6日(金)~9日(月・祝) 
京都府 京都府立文化芸術会館

2017年10月14日(土) 
高知県 高知県立県民文化ホール グリーンホール

2017年10月20日(金)~29日(日)
東京都 本多劇場

2017年11月1日(水)~8日(水) 
大阪府 ABCホール

2017年11月11日(土) 
愛媛県 松山市民会館 中ホール

2017年11月16日(木)~19日(日) 
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

2017年11月23日(木・祝) 
愛知県 愛知県産業労働センター ウインクあいち

2017年11月28日(火)
広島県 JMSアステールプラザ 中ホール
 
2017年11月30日(木)・12月1日(金) 
福岡県 西鉄ホール

2017年12月3日(日) 
三重県 四日市市文化会館 第2ホール

作・演出:上田誠
音楽:滝本晃司

出演:石田剛太酒井善史角田貴志諏訪雅土佐和成中川晴樹永野宗典西村直子本多力 / 金丸慎太郎川面千晶、木下出、菅原永二

ステージナタリーをフォロー