ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

志賀廣太郎・中嶋朋子ら出演、葛飾北斎×宮本亜門「画狂人 北斎」が凱旋公演

59

朗読劇「画狂人 北斎」より。(c)ぴあ

朗読劇「画狂人 北斎」より。(c)ぴあ

宮本亜門演出の朗読劇「画狂人 北斎」が、9月17・18日に東京・曳舟文化センターで上演された。

2016年にスタートした「葛飾北斎×宮本亜門」プロジェクトの第1弾として、今年2017年1月に東京・すみだ北斎美術館で初披露された本作。7月には北斎展「Hokusai: beyond the Great Wave」を開催中の大英博物館でも上演され、今回が凱旋公演となる。

ときは現代。北斎研究家・長谷川南斗(菊地創)が語る北斎への考えに、助手の峰岸凛(秋月三佳)は違和感を持っていた。一方、葛飾北斎(志賀廣太郎)と、悪態をつきながらも彼を支える娘・お栄(中嶋朋子)が生きる江戸時代では、親友である戯作者・柳亭種彦(池内万作)が幕府によって捕らえられ、北斎は追い詰められた末に小布施へと居を移す。北斎の真実を追い求める現代の2人の姿と、江戸に身を置く晩年の北斎の姿が、交互に舞台上に立ち現れ、やがてクロスオーバーしていき……。

背景には映像を投写。実際の北斎の絵も多数映し出され、北斎の絵に秘められた秘密や謎解きを知ることができる。リーディング、展示、映像化とさまざまな展開を見せる、「葛飾北斎×宮本亜門」プロジェクトの今後に期待しよう。

ステージナタリーをフォロー