ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

宮本亜門が意欲「北斎に感化されながら励みたい」、升毅らキャストも気合十分

619

「画狂人 北斎」製作発表会より、前列左から宮本亜門、升毅、黒谷友香。後列左から津村知与支、和田雅成、玉城裕規、水谷あつし。

「画狂人 北斎」製作発表会より、前列左から宮本亜門、升毅、黒谷友香。後列左から津村知与支、和田雅成、玉城裕規、水谷あつし。

「画狂人 北斎」の製作発表会が、昨日12月5日に東京・すみだ北斎美術館で行われた。

かねてより葛飾北斎の大ファンだった宮本亜門が、昨年2017年に発表した朗読劇「画狂人 北斎」を、ストレートプレイ作品として上演する本作。会見には、演出を手がける宮本に加え、キャストの升毅黒谷友香玉城裕規津村知与支和田雅成水谷あつしが登壇した。

宮本は、先日行われた本読みを振り返り、「個性的なキャストの皆さんとの本読みを終えてイメージが広がったので、これからどんどん台本を変えようと思っています(笑)。スタイルを変えて安定しない、自分を崖っぷちに追い込んでいく北斎の生き方にはいつもエネルギーをもらっていて、表現する人間として、そんな北斎に感化されながらみんなと稽古に励んでいきたいです」と意欲を見せると共に、本作を通して「北斎の“人間”としての部分を探っていきたいと思っています」と抱負を述べる。

葛飾北斎役を演じる升は「天才でありながら、大の変人でもある北斎にどんどんハマっています。なぜこんな真っ当な人間の自分がやることになったのか(笑)」と冗談交じりに述べつつ、「北斎が体の中に充満してきているので、初日までにもっともっと溜め込んで、“死んでしまった北斎”ではなく、“生きていた北斎”を魂を込めて演じたいと思います」と意気込みを語った。

お栄 / 麗奈役の黒谷は「この世界への理解を深めていって、お栄さんとして最後までがんばって生きていきたいです」とコメント。高井鴻山 / 柳川時太郎役を務める玉城は「稽古を積み重ねていく中で、どんな世界観ができあがるのかワクワクしています。素のまま、思うまま、すべてをさらけ出して精一杯やっていきたい」と答え、長谷川南斗 / 鳥居耀蔵役の津村は、自身の役どころについて、「わたしの役はとても饒舌な研究家で、とにかくしゃべりまくる。なのにこれからどんどんセリフが変わると言われて……。一体いつセリフを覚えたらいいのか戦々恐々としていますが(笑)一生懸命演じます」と回答した。

また、峰岸凜汰役を演じる和田は「本来あまり見せたくない部分をさらけ出していかないと、皆さんと一緒に舞台に立てないと感じました。怖い部分もありますが、存分にさらけ出して、自分とも皆さんとも勝負していきたいと思っています」と気合十分の様子で語り、柳亭種彦 / 馬場修平役を務める水谷は「本読みのあと、男子一同で早速宴をしたのですが、いい雰囲気でした。千秋楽までどっぷりと北斎の世界に浸かって楽しみたい」と期待を込めた。

「画狂人 北斎」は、1月10日から20日まで東京・新国立劇場 小劇場にて上演される。

※初出時、写真キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

「画狂人 北斎」

2019年1月10日(木)~20日(日)
東京都 新国立劇場 小劇場

脚本:池谷雅夫
演出:宮本亜門
出演:升毅 / 黒谷友香 / 玉城裕規津村知与支和田雅成水谷あつし

ステージナタリーをフォロー