ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

5人のビリー・エリオット集結、日本初演50公演を迎えスペシャルカーテンコール

106

ビリー役の5人。左から加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力。

ビリー役の5人。左から加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力。

7月25日に開幕したミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」が、本日8月31日の12時45分開演回をもって50公演を達成。これを記念してスペシャルカーテンコールが行われた。

カーテンコールには、主役のビリー役を回替わりで演じる加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力が集結。会場は大きな拍手に包まれた。

5人は50公演を迎えた心境をそれぞれコメント。記念すべき50公演目に出演した加藤は「1回1回上手になろうとがんばっているうちに、あっという間に時が経ちました。今までもこれからも、バレエが1番うまいビリーだと言われ続けるようがんばりたいです。ビリーを演じるのはこれが最後になると思うので、悔いのないようがんばります」と述べる。

8月10日に誕生日を迎え、11歳になった木村は「(誕生日を)共演者やスタッフ、お客様からも祝っていただき最高の1日になりました。去年の夏は虫取りをしていましたが、今年はビリーとして舞台に立ち、充実しています。千秋楽まで1回1回の公演を大切にしてがんばります」とエピソードを交えて語った。

前田は「オーディション期間は長かったですが、稽古の時間や本番が始まってからはあっという間でした。ビリーが嬉しかったり、怒ったりすると、自分も同じような気持ちになるので、演じなくともビリーでいられます。これからも努力して、進化していきたいです」と力強くコメント。

未来は「まだ始まったばかりなのに、これまでと同じ回数をやったら、もうこの公演が終わってしまうと考えると、今から淋しく感じます。だからこそ、ビリーが終わった後に、もっとがんばればよかったと思うことがないように、1回1回の公演を大切にがんばりたいです」と意気込みを語った。

初日以降はトールボーイ役で出演しながら稽古を重ね、8月20日にビリー役としてデビューした山城は「初日はとても緊張しましたが、2度3度、舞台に出るうちに楽しめるようになってきました。遅れてデビューした自分のために、開幕後も毎日稽古をしてくださった皆さんに感謝しています。この50回公演を励みに、これからもどんどん進化していきたいです」と感慨深げに述べた。

2000年に公開された映画「BILLY ELLIOT」(邦題「リトル・ダンサー」)を原作とした本作。炭鉱ストライキに揺れる1984年のイギリス北部の街で1人の少年がバレエと出会い、その才能を開花させていく物語が描かれる。2005年にロンドン・ウエストエンドで開幕し、翌06年にローレンス・オリヴィエ賞4部門受賞、その後ブロードウェイに進出し、09年にトニー賞で10部門を受賞。今回が日本初演となる。公演は10月1日まで東京・TBS赤坂ACTシアター、10月15日から11月4日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて行われる。

ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」

2017年7月25日(火)~10月1日(日)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

2017年10月15日(日)~11月4日(土)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

ロンドンオリジナル・クリエイティブスタッフ
脚本・歌詞:リー・ホール
演出:スティーヴン・ダルドリー
音楽:エルトン・ジョン
振付:ピーター・ダーリング

日本公演スタッフ
翻訳:常田景子
訳詞:高橋亜子

出演

加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力 / 吉田鋼太郎益岡徹 / 柚希礼音島田歌穂 / 久野綾希子根岸季衣 / 藤岡正明中河内雅貴 / 小林正寛 / 栗山廉大貫勇輔 ほか

ステージナタリーをフォロー