霧矢大夢の一人芝居「THE LAST FLAPPER」再演が明日より

162

霧矢大夢の一人芝居「THE LAST FLAPPER」が、明日8月30日から9月4日まで東京・赤坂RED/THEATERで再演される。

unrato #0「THE LAST FLAPPER」チラシ表

unrato #0「THE LAST FLAPPER」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

アメリカの劇作家ウィリアム・ルースが執筆した「THE LAST FLAPPER」は、作家のスコット・F・フィッツジェラルドの妻ゼルダの生涯を描いた作品。霧矢は昨年2016年4月に大河内直子による演出、松田眞樹によるピアノ演奏をもとに同作を初演した。病院の一室を舞台に、波乱にあふれたゼルダの生涯が描かれる本作を体験してみては。当日券は全ステージ、開演の1時間前から会場にて販売される。

※初出時より、タイトルを変更しました。

この記事の画像(全2件)

unrato #0「THE LAST FLAPPER」

2017年8月30日(水)~9月4日(月)
東京都 赤坂RED/THEATER

作:ウィリアム・ルース
演出:大河内直子
出演:霧矢大夢
ピアノ演奏:松田眞樹

全文を表示

霧矢大夢のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 霧矢大夢 / 大河内直子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします