ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

浪川大輔、関智一ら出演「義経千本桜」の4年後を描く朗読劇

223

朗読劇「シアトリカル・ライブ版『義経千本桜』」が、5月27・28日に東京・ステラボールで上演される。

源義経役には浪川大輔 、源九郎狐役に沢城みゆき、藤原泰衡役に小林裕介、 金売り吉次役に関智一、武蔵坊弁慶役に井上和彦と豪華声優陣が出演。歌舞伎の人気演目「義経千本桜」は、兄である源頼朝に命を狙われた義経が弁慶らと共に奥州平泉まで亡命。その最中、源九郎狐という小狐に出会う物語だが、今回のシアトリカル・ライブ版は原作・脚本・演出を藤沢文翁が手がけるオリジナル版が上演され、「義経千本桜」の4年後が描かれる。なおS席はすでに完売している。

「シアトリカル・ライブ版『義経千本桜』」

2017年5月27日(土)・28日(日)
東京都 ステラボール

原作・脚本・演出:藤沢文翁
出演:浪川大輔沢城みゆき小林裕介関智一井上和彦

ステージナタリーをフォロー