ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

映画「花戦さ」生け花発祥の地で野村萬斎、“幸せの花の種”まき

106

左から森川葵、野村萬斎、佐藤浩市。

左から森川葵、野村萬斎、佐藤浩市。

野村萬斎が主演を務める映画「花戦さ」の完成奉告イベントが、本日3月27日に京都・紫雲山頂法寺 六角堂にて行われた。

生け花発祥の地と知られ、華道家元池坊が住職を務める六角堂で行われた本イベントには、劇中で花僧・池坊専好を演じる萬斎、天才絵師・れん役の森川葵、千利休役の佐藤浩市が出席。僧侶が読経する中、3人は献花を行い、集まった観客に向けて挨拶した。

奉納を終えた心境を問われた萬斎は「身の引き締まる思いです。(池坊が最初に花を生けたとされている年から)555年の重みを感じながら、奉納させていただきました」とコメント。また、以前佐藤と共演した映画「のぼうの城」に触れ、「今回は池坊(いけのぼう)役ですが、そのときは“でくのぼう”役だったんです(笑)。両方ぼーっとした役ではありますが、今回演じた池坊は、お花と人生を共にした人。天真爛漫で、“花狂い”の人だったのではないかと私は思っています」と池坊への思いを語る。さらに本作で重要なテーマとなっている華道について、「シンプルな中に奥深さがある」と評し、自身のフィールドである能狂言との共通点を語った。

続く佐藤は千利休の役作りについて、「武家の方や庶民の方にとって、より身近な存在に感じてもらえるような、“丸い”利休を演じるよう意識した」と明かし、「本作を通して、映画文化の中にある時代劇というものを改めて大事にしたいと思いました」と回答。時代劇への出演経験があまりなかったことを不安に感じていたという森川は「初めは構えてしまっていましたが、『その時代を生きていた人の心情をそのまま表現すればいいんだ』『時代劇だからということに縛られずに動いていいんだ』と萬斎さんの姿を見て学びました」と安堵の表情を浮かべる。

最後に萬斎は登場人物を花に例え、「ちょっと毒のある花もあったり、優しい花もあったり、可憐な花もありますが、それぞれのキャラクターが花となって、映画の中で咲き乱れています。個性豊かな登場人物たちの蕾が開いていく時間を楽しんでいただければ」と観客に呼びかけた。この後行われた餅まきでは、集まった観客に3人が紅白餅や“幸せの花の種”をプレゼント。受け取った観客からは喜びの声が上がるなど、イベントは盛況のまま終了した。

鬼塚忠の小説を実写映画化した「花戦さ」は、戦乱で荒れ果てた京の都を舞台とする時代劇エンタテインメント。花を生けることで人々の心を救う池坊専好が、刃ではなく花を手に取り、時の最高権力者・豊臣秀吉へ戦いを挑むさまが描かれる。映画は6月3日より全国ロードショー。

(c)2017「花戦さ」製作委員会

ステージナタリーをフォロー