ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

唐々煙「煉獄に笑う」鈴木拡樹主演で舞台化!共演に崎山つばさ、前島亜美

2468

唐々煙のマンガ「煉獄に笑う」の舞台化が決定。鈴木拡樹を主演に迎え、8月に東京・サンシャイン劇場、大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。

「煉獄に笑う」は、琵琶湖の真ん中に作られた監獄の橋渡し役を担う、曇神社曇家3兄弟の活躍を描いた唐々煙のマンガ「曇天に笑う」の前日譚。西田大輔が脚本・演出を手がける舞台版では、羽柴秀吉の小姓・石田佐吉を鈴木が演じ、妖艶な双子の弟・曇芭恋(くもうばれん)役に崎山つばさ、双子の姉・曇阿国(くもうおくに)役には、3月31日をもってSUPER☆GiRLSを卒業する前島亜美がキャスティングされた。公演詳細については続報を待とう。

舞台「煉獄に笑う」

2017年8月
東京都 サンシャイン劇場
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:「煉獄に笑う」唐々煙(掲載「月刊コミック ガーデン」/WEBコミック「MAGCOMI」)
脚本・演出:西田大輔
出演:鈴木拡樹崎山つばさ前島亜美 ほか

(c)唐々煙/マッグガーデン (c)舞台「煉獄に笑う」製作委員会

ステージナタリーをフォロー