ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「初恋モンスター」開幕!ランドセル背負った荒牧慶彦が小学生らしい作文朗読

1769

「TEEN×TEEN THEATER『初恋モンスター』」ゲネプロより。

「TEEN×TEEN THEATER『初恋モンスター』」ゲネプロより。

「TEEN×TEEN THEATER『初恋モンスター』」が、本日3月3日に東京・品川プリンスホテル クラブeXにて開幕。これに先がけ、公開ゲネプロと囲み取材が本日行われた。

ARIA(講談社)で連載されている日吉丸晃のマンガ「初恋モンスター」は、箱入りの女子高生・二階堂夏歩と、高身長のイケメン小学5年生・高橋奏の前途多難な恋路を描いたラブコメディ。川尻恵太が脚本・演出を手がける舞台版では、高橋奏を荒牧慶彦、二階堂夏歩を奥田こころが演じる。

舞台には2人に加え、佐川大樹演じる奏の友人・金子十六や、神里優希演じる三宮銀次郎ら個性的な面々が登場。お互いを理解し合おうとしてから回る奏と夏歩を軸に、小学生ならではの下ネタを交えながらマイペースに奏と夏歩を応援する仲間たちや、それぞれの恋心や思惑を隠す大人たちが入り乱れながらストーリーが展開していく。ノリのいい曲やダンスのみならず、だるまさんが転んだ、縄跳びなどの遊戯シーンにも注目したい。

囲み取材には、まず荒牧が登場。MCの「5年1組、高橋奏くん!」という呼びかけに「はい!」と元気よく答えながら登壇した荒牧は「『初恋モンスター』舞台初日ミッションに向けて、今回は舞台、おめでとうございます! 本当におめでたいと思います。なぜかというと、今日はいよいよ待ちに待った舞台だからです」「ドキドキしています。僕の予想だと大成功すると思います。なぜかというと、1カ月くらいすごく練習を結構がんばったので、今日もみんなとがんばれると思うからです」と小学生らしい作文を読み上げる。さらに「俺の親友のカズと華すみ荘に住んでる耕太を呼びたいと思います。カズー、耕太ー! 写真撮るってー!」と野口一男役のシェーン、篠原耕太役のゆうたろうを呼び込み、そこに脚本・演出の川尻を加えた4名で取材に臨んだ。

荒牧は「いよいよ待ちに待った、僕自身初めての座長公演です」と意気込み、「みんなで稽古したことを、さっきの作文のとおりがんばるだけです」と力強く回答。今回が初舞台となる12歳のシェーンは「お客様に楽しんでいただけるよう一生懸命がんばります」と堂々と答え、同じく初舞台のゆうたろうも「お客さんにまた来たいと思ってもらえる舞台にします」と誓った。

川尻は「荒牧くんの初座長公演、シェーンとゆうたろうくんの初舞台。『初恋モンスター』ということで、多くの“初”がついたタイトルです」と言い、「僕も自分の“初”を探したところ、こういった円形劇場で公演するのは初めてで」とクラブeXの円形ステージに言及。「ただの円形ではなく、奥側にもステージがある。(円形ステージと奥のステージで)同時進行したりして、どの角度から見ても奥行きがある舞台です。舞台『初恋モンスター』は人間関係が割と複雑なので、お客さんが観る席によってはそこから見えるキャストの表情が違ったり。観る角度によって、得られる情報がちょっとずつ違うんです」と本作の魅力を語った。

続く荒牧も「高橋奏はヒロインの二階堂夏歩と恋をするんですけど、最初は自分自身で恋とは思っていなかった気持ちが、どんどん夏歩に向かっていく。甘酸っぱい初恋の気持ちの変化、小学生ならではの感情の表し方。そんな奏の成長ストーリーを観ていただければ」と注目ポイントを挙げる。また荒牧は、自身がランドセルを背負いながら取材に応じていることに触れ、「普通に生きてたら(27歳で)背負うことはない。こういう経験ができるのは役者の醍醐味。2.5次元のキャラクターものを演じる上での役得です」と喜びを語りつつ、「高橋奏を演じているときは、気持ちは奏なので違和感はないんですけど、今こうして(記者たちに)見られているときは違和感しかないですね」と照れくさそうに述べた。公演は3月12日まで。

「TEEN×TEEN THEATER『初恋モンスター』」

2017年3月3日(金)~12日(日)
東京都 品川プリンスホテル クラブeX

原作:日吉丸晃(講談社「ARIA」連載)
脚本・演出:川尻恵太

キャスト

高橋奏:荒牧慶彦

二階堂夏歩:奥田こころ

金子十六:佐川大樹
三宮銀次郎:神里優希
野口一男:シェーン

篠原耕太:ゆうたろう
多賀敦史:小野健斗
長澤嵐:田中涼星
二階堂大谷:星乃勇太

花塚廉太郎
北川雄也

高橋修吾:郷本直也

(c)日吉丸 晃/講談社 (c)日吉丸 晃/講談社「初恋モンスター」舞台製作委員会

ステージナタリーをフォロー